麻生区版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

2017年度区予算案 引き続き地域包括ケア推進 8億5800万円を計上

政治

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が過去最大となる一般会計7088億円を含む2017年度予算案を発表した。この中で麻生区予算案は8億5813万1千円で、16年度より約600万円増、引き続き高齢化対策への取り組み等に重点が置かれた。

 前年度対比で0・7%増となった麻生区の17年度予算案。今回示された地域課題に対応する主な事業は16年度と同様、「芸術・文化のまちづくりの推進」「農と環境を活かしたまちづくりの推進」「高齢化への対応とすこやか・支え合いまちづくりの推進」「安全・安心まちづくりの推進」「総合的な子ども・子育て支援の推進」「コミュニティづくりの推進」「スポーツのまち麻生の推進」など10項目となっている。

高齢化への対応などに引き続き焦点

 16年度から新たに盛り込まれた「高齢化への対応とすこやか・支え合いのまちづくりの推進」は川崎市が進める地域包括ケアシステムの構築に関わる項目で、高齢化が進む麻生区では新年度でも中心施策となる。区では「すべてが重要な取り組みということに変わりはないが、地域包括ケアシステムは重点政策となる。他の分野で予算額が縮小しているものもあるが、経費節減や見直し等によるものでサービス低下に繋がる内容ではない」と話す。

 区では多世代交流を目的としたイベントの開催や、機器の貸し出しなどで地域活動を支援していく取り組みなどを17年度は進めていきたいとしている。市の予算案は13日に開会した市議会定例会で審議される。

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク