麻生区版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

「第21回岡本太郎現代芸術賞」で先月、入選を果たした 細沼 凌史さん 和光大学表現学部芸術学科 2年

大胆に思いぶつける新鋭

 ○…「実感がわかず茫然としていたが、まわりの先生からすごいことだと言われて、ようやく嬉しくなってきた」と微笑む。現代社会で発達を続けるコンピューターに対し、技術は人間の努力の積み重ねであるということを、大胆な発想で生々しく表現した。「人間の能力が問われるようになってきている」と真剣な眼差しで語る。来年2月16日からは岡本太郎美術館に展示されるので、「できるようなら、是非みなさんにも登ってもらいたい」

 ○…それまでは美術の授業を選択しているという程度だったが、高校から大学へ進学する際、「芸術をやってみようかな」と芸術学科への道を決意。高校3年の時、あまり出ていなかった陸上部から美術部に入った。「岡本太郎やクリス・バーデンなど、ふつうにきれい、美しいではなく、荒いけれど魅力的な作品が好き」と語る。大学2年になり立体芸術専攻のゼミに入ってから、本格的に作品を作り始める。「スケール感も重要だが、他の方がやったことのないものを作りたい」と思いを馳せる。

 ○…東京都在住。母子家庭で育ち、現在は母親と小学1年・3年の弟2人と4人暮らし。最近は作品づくりに没頭し、徹夜になることもあるほど多忙だが、弟たちの世話もし、時には父親代わりに小学校の保護者会や運動会にも行っているという。一度は料理人になろうかと思ったこともあったほどの料理好き。そこには、芸術と同じように「いろいろな人に興味をもってもらい、喜んでもらいたい」という思いがある。

 ○…「現代社会への皮肉や心の内面を表現していきたい。立体芸術は表現がわかりやすい」と熱を込める。今年度、大小含め6〜8作品ができあがりそうだという。「ただ生活している中では出てこない心の内面を無心になって作品にぶつけていくことが面白い」と、芸術の魅力にのめり込む。弱冠20歳の新鋭は、まだ芽を出したばかりだ。

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版の人物風土記最新6件

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

俵(たわら) 隆典さん

「百合ヶ丘こども食堂」を運営するNPO法人アイゼンなどで活動する

俵(たわら) 隆典さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

元木 要介さん

「元木イチゴ農園」園主として区内で唯一のイチゴ狩りを行っている

元木 要介さん

1月26日号

岩田 輝夫さん

15周年を迎えた麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める

岩田 輝夫さん

1月19日号

四宮(しのみや) 菊乃さん

女子ボクサーとして史上最年少で3月、プロデビュー戦に挑む

四宮(しのみや) 菊乃さん

1月12日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第118回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(4)石造物〜お地蔵さま 後編

    2月16日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク