麻生区版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

ホワイトファミリーつつみ先生の 歯ウ・トゥ・ケア How To Care vol.04最適な治療とは…(3)海外との意識の違い

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena

 欧米では徹底的な未病ケアで医療コストを下げる考えが浸透し、また一方で治療にかける額は数万〜と、日本の状況との違いをお伝えしました。

 海外での歯科治療は簡単な詰め物で約8万、セラミック等の修復治療で10〜20万円と、日本の皆保険での料金と比較すると10倍以上の差があります。同じ治療でこの差が生じるのは、技術と使用する材料の違い、保険診療の弊害によるものです。

 日本では新卒でも開業すれば30年以上の実績があるドクターと同じ料金で保険治療を行うことが出来ます。歯科医で重要な「技術や知識」への対価は無いに等しいのです。※加えて日本の保険制度では予防への料金は低く算定されています…。

 海外では最良の治療技術を競い、それを自由価格で提供しています。それぞれのクリニックは正常な競争原理によってコストをかけて常に最先端の技術と材料で医療安全を確保しています。

 また日本の皆保険では治療材の耐久性も問題視されず、2年後には同じ治療を同じ部位に行えるルールが設けられ、最低2年がクリアできる治療材が数多く流通しています。

 これからは未病の段階から口腔ケアを考え、繰り返し行う治療(実はこちらの方がコスト高)から脱却しようという考えが浸透していけば良いと思います。
 

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第167回 シリーズ「麻生の歴史を探る」天明の大飢饉〜みさきの土塁〜後編 文:小島一也(遺稿)

3月13日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第166回 シリーズ「麻生の歴史を探る」天明の大飢饉〜みさきの土塁〜前編 文:小島一也(遺稿)

3月6日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

How To Care vol.20口腔ケアに影響する鼻づまり

2月28日号

あさおマンスリー

2月 February

あさおマンスリー

麻生区長  多田貴栄

2月7日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

1月24日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・尺八の体験会

箏・尺八の体験会

4月、小中学生が対象

4月4日~4月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク