麻生区版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

麻生消防署長に就任した 石渡 英幸さん 高津区在住 57歳

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena

市民感覚の消防を

 ○…麻生消防署に自身初めての署長として戻ってきた。2年ぶりの麻生は「緑が多いところやまちの活気が変わっていなくて安心感がある。地域の人も『久しぶり』と迎えてくれた」とにこやかに語る。力を入れたいのは、地域と一緒に作る消防。「地域住民の要望を聞き、行政や警察など関係各所とも協力しながら、まちと一緒にやっていきたい」

 ○…高津区で生まれ育つ。体を動かすことが大好きで、放課後は野球や虫取りをして毎日外遊び。中学・高校は卓球部の活動に明け暮れた。自然と体を動かす仕事を志すようになり、「人の役に立つことをしたい」という思いと結びつき、消防の道へ。数々の過酷な災害現場に立ち会ったほか、キャリアの中では予防関係の職務に長く携わってきた。消防訓練の指導などで地域住民と接する機会が多く、その中で感じたのが市民感覚の大切さ。「市民のためになる仕事をするという視点を忘れない」ときっぱり。

 ○…趣味は健康づくりで始めたジョギング。家の周囲10Kmから15Kmを、セリーヌ・ディオンやマライア・キャリーなどポップスを聞きながら走る。一昨年出場した市のマラソン大会では10Kmの自己ベストを更新。「自分では頑張ったほう」と歯を見せる。また、50歳を過ぎてから水泳のバタフライを習得。運動好きは変わらない。

 ○…区民まつりや出初式といったイベントを通じ「地域の皆さんに消防のことを身近に知ってもらえれば」と語る口調は穏やかだ。大切にしているのは「より長い助走ほど遠くにとべる」という言葉。「一定の距離の助走がないと、前にも上にも遠くにはとべない。どんなことでも、ある程度の準備期間が必要」。目指す消防の姿のため、助走をつけたばかりだ。

麻生区版の人物風土記最新6

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

麻生市民交流館やまゆりでワンコイン落語会を開催している

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

町田市在住 27歳

3月27日号

丸山 喬平さん

第23回「岡本太郎現代芸術賞展」で入選した

丸山 喬平さん

王禅寺西在住 32歳

3月13日号

谷添 照美さん

劇団アットリーチェ代表を務める

谷添 照美さん

王禅寺在住 

3月6日号

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク