麻生区版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • はてぶ

小田急多摩線黒川駅・栗平駅 駅前に交流拠点を整備 国交省の補助金も活用

経済

黒川駅前に4月オープンした読売日本交響楽団の練習拠点(上)と栗平駅前(下)
黒川駅前に4月オープンした読売日本交響楽団の練習拠点(上)と栗平駅前(下)
 小田急電鉄(株)と小田急不動産(株)が黒川駅と栗平駅、両駅前に多世代交流などを目的とした拠点づくりに取り組む。両駅近辺に点在する郊外団地の価値向上を目的としたもので、国土交通省の補助金活用などで事業を進めていく。

 黒川と栗平の駅周辺には約6500戸の団地があり、1970年代後半から入居が始まっている。小田急グループが分譲を行った約1300戸を含め、新規分譲はほぼ終了しており、当時の入居者や新規居住者の安定居住などが今後の課題となってくる。

シェアオフィスやカフェ

 小田急グループはこれまで、川崎市と連携協定を結び、黒川駅前に読売日本交響楽団の練習拠点を誘致するなど、沿線のまちづくりを進めている。今回は国交省が住宅団地の再生を支援する「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」に新たなまちづくり計画を提案。駅前施設を起点とした活性化策を盛り込んだ計画が「働き方改革を見据えた新たなライフスタイルにつながる可能性がある」などの評価を得て今年9月、採択を受けた。

 拠点整備の具体的な場所などは検討中としながらも、同グループによる計画では黒川駅前にシェアオフィスやレンタルスペース、生活利便施設、栗平駅前にはカフェやワークスペースを設置するとしている。

郊外団地の価値向上へ

 小田急電鉄(株)は「郊外団地の価値向上が目的。ライフスタイルに合わせ、多世代交流による団地の維持や活性化を目指したい」と話している。今後同グループでは年度内を目途に補助金申請の手続きなどを行い、整備に着手していく。

麻生区版のトップニュース最新6件

定員枠561人不足

川崎市認可保育所

定員枠561人不足

10月12日号

「他機関を紹介」2%弱

地域みまもり支援センター

「他機関を紹介」2%弱

10月5日号

川崎横浜で唯一の下落

基準地価麻生区住宅地

川崎横浜で唯一の下落

10月5日号

合葬墓で無縁化対策

市営霊園

合葬墓で無縁化対策

9月28日号

「金賞」目指し全国で舞う

麻生中ダンス部

「金賞」目指し全国で舞う

9月28日号

参加事業所、1割止まり

市独自介護施策

参加事業所、1割止まり

9月21日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク