麻生区版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

ブルーライン延伸 横浜市 検討作業大詰めに 年度末までに事業化判断

経済

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena
麻生区内で行われた最後のボーリング調査
麻生区内で行われた最後のボーリング調査

 横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野駅〜新百合ヶ丘駅間」延伸について、麻生区と横浜市青葉区で行われていたボーリング調査が11月初旬に終了した。横浜市は2018年度中に事業化を判断する予定で、検討作業は大詰めを迎えている。

 長年検討されてきた地下鉄の延伸計画。16年4月に出された国の交通政策審議会の答申で「延伸の意義がある」と位置づけられたことを受け、横浜市の林文子市長は今年度末までに事業化の是非を判断する考えを明らかにしている。

 延伸が実現すれば、川崎市北部と横浜市の拠点を結ぶ鉄道ネットワークを担うだけではなく、災害時などの輸送障害に対しても代替経路としての役割が期待される。

地質調査が終了

 横浜市による基礎的調査は以前から行われていたが、答申を受け、改めて鉄道事業の候補者として同市交通局が具体的な検討を開始。同市は17、18年度に各1億円の予算でボーリングを含む各種調査を実施していた。川崎市は今年度1千万円を「総合都市交通計画推進事業費」として計上し、調査検討を進めている。

 今回終了した横浜市の調査は地下30〜40mまで穴を掘り、土の性質等を調べるもの。2年間であざみ野〜新百合ヶ丘間を約30カ所調査。地盤の状況を確認することで、トンネル構造や造り方を把握することが目的。また調査結果はルートや駅の場所を選定する上でも参考にするという。こうした検討に加え、換気機械や信号等の設備関係も概略を計画し、必要な設備と費用を把握する作業も実施。これら調査から最終的に総事業費を算出し、需要の見通しや費用対効果等も含め、検討作業を行っているという。

両市で協議続く

 同事業について、横浜市と川崎市は11年度から話し合いを実施。川崎市まちづくり局は「横浜市の判断が前提ではあるが、川崎市のメリットが大きくなるような観点で調整を進めている」と説明。横浜市側も「徐々に検討が深度化している」と話すように、ルートや駅の協議から、川崎側の中間駅について、また費用の分担面などが話し合われているという。

 区間内にいくつの駅が設置されるかは両市の話し合いと、横浜側での検討を進めた上で決定する方針。決定・公表時期は検討中としている。また横浜市は鉄道を整備した場合に想定される駅前広場や駐輪場、道路等の交通基盤の需要などを把握するため、コンサルタント会社へ調査委託も行っている。

 川崎市まちづくり局は「横浜市と連携し、ルートとして考えられる麻生区と宮前区のまちづくりなども踏まえて協議を続けていく」と話している。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

カブトムシの絵に笑顔

小島貢さん(上麻生)

カブトムシの絵に笑顔 文化

園児に幼虫贈り お礼届く

8月23日号

多様なスポーツ集結

カルッツ

多様なスポーツ集結 スポーツ

25日、体験企画やプロレス

8月23日号

小学校建設へ、前進

小学校建設へ、前進 社会

理美容で寄付54万円

8月23日号

今度はビールではしごゆりバル9月10日から

まちに賑わいと愛着を

まちに賑わいと愛着を 文化

百合丘ふるさとまつり

8月23日号

脳卒中のリハビリを解説

脳卒中のリハビリを解説 教育

新百合ヶ丘総合病院で

8月23日号

早野ヒマワリ今年も

早野ヒマワリ今年も 社会

8月下旬まで開花

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちに賑わいと愛着を

まちに賑わいと愛着を

百合丘ふるさとまつり

9月29日~9月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク