麻生区版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

川崎市議会 発言内容 傍聴席で表示 AIが音声文字化

政治

今回の定例会から設置されたモニター
今回の定例会から設置されたモニター

 川崎市議会の傍聴席に、審議の発言を文字情報で同時に表示するモニターが登場した。2月から3月に行われた第1回定例会から導入されたのはAI(人工知能)による音声認識システム。市議会局によれば、傍聴席で発言内容が即座に確認できる機器の設置は全国的に例がないという。

 川崎市議会は半年ほど前から聴覚障害者や聴き取りが難しい人にも傍聴しやすい環境を目指し、検討を開始。機器の選定に加え、「最幸のまち」「キングスカイフロント」といった市独自の単語や市内の駅名、施設名を議会局職員が事前登録するなどして今定例会での導入に至った。

 議会局職員は「文字の誤変換はあるが、AIの学習機能で今後改善されていく」と話している。

麻生区版のローカルニュース最新6件

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歯科医による健康講座

交流館やまゆり

歯科医による健康講座

口腔機能知り 歯周病予防

5月19日~5月19日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第148回 シリーズ「麻生の歴史を探る」法塔様―武相お召講― 後編

    4月19日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第147回 シリーズ「麻生の歴史を探る」法塔様―武相お召講― 前編

    4月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク