麻生区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

利便向上に合わせ新たな機能を 柿生駅南口で再開発計画

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
南口周辺の計画
南口周辺の計画

 1927年(昭和2年)に開設され、区内最古駅となる柿生駅。小田急複々線化によるアクセス向上、新百合ヶ丘への地下鉄延伸で同駅周辺も将来の利便性向上が見込まれるエリアとなっている。

 現在の柿生駅周辺の課題として挙がる狭小な駅前広場、歩道の整備、賑わいの不足などを解決しようと市は民間活力を含めた再整備計画を進めている。駅南口を走る商店街道路の東側に新たに整備する柿生町田線、それによって駅前広場を拡幅しバスロータリーを駅前に配置するといった整備と歩調を合わせて進むのが、柿生駅南口の再開発事業だ。

次代に継承できるまちに

 現在、低層階に商業施設や保育所などの子育て機能、建物周囲に人の集える広場を備えた約300世帯の都市型住宅が駅前南地区市街地再開発準備組合によって計画されている。準備組合関係者は「バスとタクシーが乗り入れ可能な駅前ロータリーに隣接する建物で、防災広場や幅員4メートルの歩道、樹木の植栽なども盛り込んだ計画。安心と快適、賑わい、交流が調和する地区に育てて次代に継承することを目指したい」と話す。

 駅南口の再開発計画は、1986年から検討が始まっているが、同組合はこの度、市に対し都市計画の企画提案を行い、その後は正式な組合設立を予定。スケジュールに沿って事業が進めば2022年に着工、4年後の完成を目指すという。

麻生区版のローカルニュース最新6

はじめてのヨガ体験

【Web限定記事】しんゆり交流空間リリオス

はじめてのヨガ体験 社会

3月27日 体を動かしてリラックス

3月5日号

乾物でおいしい防災食

乾物でおいしい防災食 社会

リンクママが調理紹介

3月5日号

春の旧黒川村を歩く

春の旧黒川村を歩く 文化

4月12日 麻生の歴史散策

3月5日号

東柿生小 石井さんが金賞

川崎西法人会

東柿生小 石井さんが金賞 教育

税の絵はがきコンクール

3月5日号

「なぜ日本で英語講師に」

「なぜ日本で英語講師に」 文化

市民館主催 オンライン講演

3月5日号

クリスマスローズ講習

クリスマスローズ講習 社会

7日、岡上 季の庭で

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク