麻生区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

利便向上に合わせ新たな機能を 柿生駅南口で再開発計画

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
南口周辺の計画
南口周辺の計画

 1927年(昭和2年)に開設され、区内最古駅となる柿生駅。小田急複々線化によるアクセス向上、新百合ヶ丘への地下鉄延伸で同駅周辺も将来の利便性向上が見込まれるエリアとなっている。

 現在の柿生駅周辺の課題として挙がる狭小な駅前広場、歩道の整備、賑わいの不足などを解決しようと市は民間活力を含めた再整備計画を進めている。駅南口を走る商店街道路の東側に新たに整備する柿生町田線、それによって駅前広場を拡幅しバスロータリーを駅前に配置するといった整備と歩調を合わせて進むのが、柿生駅南口の再開発事業だ。

次代に継承できるまちに

 現在、低層階に商業施設や保育所などの子育て機能、建物周囲に人の集える広場を備えた約300世帯の都市型住宅が駅前南地区市街地再開発準備組合によって計画されている。準備組合関係者は「バスとタクシーが乗り入れ可能な駅前ロータリーに隣接する建物で、防災広場や幅員4メートルの歩道、樹木の植栽なども盛り込んだ計画。安心と快適、賑わい、交流が調和する地区に育てて次代に継承することを目指したい」と話す。

 駅南口の再開発計画は、1986年から検討が始まっているが、同組合はこの度、市に対し都市計画の企画提案を行い、その後は正式な組合設立を予定。スケジュールに沿って事業が進めば2022年に着工、4年後の完成を目指すという。

麻生区版のローカルニュース最新6

禅寺丸柿を植え替え

禅寺丸柿を植え替え 文化

保存会が麻生区役所で

2月21日号

胸が白いカラス舞う

胸が白いカラス舞う 社会

鳴き声も独特

2月21日号

「性別とは何か、自分事に」

「性別とは何か、自分事に」 社会

麻生市民館で上映

2月21日号

支え合いの地域づくり共有

支え合いの地域づくり共有 社会

23日区役所で講演

2月21日号

レビューで川崎に希望を

レビューで川崎に希望を 文化

3月13日から定期公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

川崎西税務署

2月21日号

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩 教育

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一緒に自然を守ろう

一緒に自然を守ろう

里山フォーラム

2月22日~2月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク