麻生区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 5月1日0:00更新

  • LINE
  • hatena

 平成からバトンタッチし、令和が始まりました。今号の麻生区版では、今後発展が期待される麻生区の各地の様子や、日本サッカー界の将来を担う存在となるであろう西川選手を取材しました。取材を通して感じたのは、話を聞いた皆さんが、これからの変化に前向きな気持ちを持っているということ。記者は昔ながらの風情を持つこのまちに愛着があるので、麻生区が変化していくことに戸惑いもあります。それでも、良い方向へ進むことを信じ、新しい時代の麻生区を見つめていきたいと思います。今号が区の未来を感じられる内容になっていれば幸いです。(い)

麻生区版のあっとほーむデスク最新6

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

2月26日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

1月8日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

1月1日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

11月27日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

11月6日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

10月30日0:00更新

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク