麻生区版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

7月に恩廻公園調節池の見学会を行う「CCあさお」代表の 辻村 一男さん 王禅寺西在住 77歳

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena

定年後地域の仲間と共に

 ○…地域で地球温暖化対策を推進する「CCあさお」の代表を2012年から務める。7月末には夏休みの自由研究講座として恩廻公園調節池の見学会を開催。「子どものうちに環境のことを学び、10年後、20年後に『あの頃勉強したな』と振り返ってもらい将来のプラスになれば」と次世代の環境意識に目を向ける。

 ○…東京の牛込生まれ。中高はバレーボール部で、学生時代は「副リーダーになって補佐したり、人についていく」タイプ。大学卒業後はIT関係のプログラマーとして定年まで働いた。退職後、地域セミナーに参加すると麻生区民同士でつながりができるように。仲間と何か活動したいと思うようになった頃、以前から気になっていた環境問題に心が動いた。市主催の「環境リーダー養成講座」を受講し、これをきっかけに、麻生区内で10年以上、環境問題の啓発に取り組んでいる。

 ○…麻生区には新百合ヶ丘駅ができる前から住む。引っ越してきたばかりの40年以上前、新しく駅ができるという噂に「周囲は山ばっかりで、本当にできるの?と思った」と笑う。写真や合唱などの地域団体にも所属し、活動しない日はないほどアクティブな日々を送る。地元の飲み仲間もでき「現役のときは近所で飲むことが恥ずかしかったのに、今じゃ『飲もうよ』って人を集めている」。そう話す表情は楽しげだ。

 ○…CCあさおには省エネ、ごみ問題、エコクッキングなど多方面で環境問題に対して活躍するメンバーが集まる。「いろいろな人と付き合いがあるおかげで、話題が複数になるのは嬉しい」。麻生区の特色は緑豊かなところと思うだけに、住宅地が増えて緑が少なくなっていくことに寂しさを感じる。今後は「緑の豊富さを上手く活動で引っ張り出していきたい」。

麻生区版の人物風土記最新6

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

山内(やまのうち) 楓子さん

麻生消防団員で、総務省消防庁の消防団入団促進PRに出演する

山内(やまのうち) 楓子さん

東百合丘在住 20歳

1月31日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月24日号

矢野 淳一さん

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む

矢野 淳一さん

高石在住 66歳

1月17日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に昨年11月就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一緒に自然を守ろう

一緒に自然を守ろう

里山フォーラム

2月22日~2月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク