麻生区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

農業生産法人カルナエスト B級イチゴでワイン 「都市農業活性の一助に」

経済

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
横浜の醸造所で果樹ワインを製造
横浜の醸造所で果樹ワインを製造

 麻生区の農業生産法人カルナエスト(山田貢代表取締役)が市内産の規格外イチゴを使ったスパークリングワイン製造を試行している。都市農業に適した果実栽培に付加価値を持たせることで、廃棄ロスの低減や農家の所得向上につなげたい考えだ。

 市内産イチゴのワイン作りは、同法人と和光大学が今年度に市の採択を受けた農産物加工モデル事業の一環。規格外の果実を同法人が買い取り、加工からラベルデザイン、販売までを一括で請け負う仕組みの構築が目的だ。今年度はイチゴのほかブルーベリーなどを使い、ワインやビール、ドライフルーツ等の加工を行う予定。

 山田代表は現在、宮前区と多摩区の農家からイチゴを受託し、横浜市にある醸造所の協力でワイン作りを行っている。今年は約50kgのイチゴで醸造を行っており、できた数量や販売価格などの検証を経て来年度以降の販売を目指す。今後は一定量の製造を行うため、区内でワイン作りが可能になる特区申請や醸造所設置を進めていくという。「市内農家による加工品作りは商品化や販路で課題があった。果実から買い取ることで農家の負担を軽減すること、廃棄を無くし所得向上も考えていきたい」と山田代表は事業に期待を込める。

若手中心に 市内で増加

 市内のイチゴ農家は一昨年の4軒から昨年は6軒に、準備中の農家を含めると来年には8軒まで増える見込み。市農業支援センター関係者は「都市部は消費者が近いのでイチゴ狩りや観光農園の需要が高く、若手を中心に取り入れたいとする農家は多い」と話す。

 山田代表は「市内でイチゴを栽培する農家は今後も増えていくと思う。加工製造を請け負うことが、導入コストなどの不安を解消する受け皿になれば」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり

牧岡英夫さん講演会

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク