麻生区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

農業生産法人カルナエスト B級イチゴでワイン 「都市農業活性の一助に」

経済

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
横浜の醸造所で果樹ワインを製造
横浜の醸造所で果樹ワインを製造

 麻生区の農業生産法人カルナエスト(山田貢代表取締役)が市内産の規格外イチゴを使ったスパークリングワイン製造を試行している。都市農業に適した果実栽培に付加価値を持たせることで、廃棄ロスの低減や農家の所得向上につなげたい考えだ。

 市内産イチゴのワイン作りは、同法人と和光大学が今年度に市の採択を受けた農産物加工モデル事業の一環。規格外の果実を同法人が買い取り、加工からラベルデザイン、販売までを一括で請け負う仕組みの構築が目的だ。今年度はイチゴのほかブルーベリーなどを使い、ワインやビール、ドライフルーツ等の加工を行う予定。

 山田代表は現在、宮前区と多摩区の農家からイチゴを受託し、横浜市にある醸造所の協力でワイン作りを行っている。今年は約50kgのイチゴで醸造を行っており、できた数量や販売価格などの検証を経て来年度以降の販売を目指す。今後は一定量の製造を行うため、区内でワイン作りが可能になる特区申請や醸造所設置を進めていくという。「市内農家による加工品作りは商品化や販路で課題があった。果実から買い取ることで農家の負担を軽減すること、廃棄を無くし所得向上も考えていきたい」と山田代表は事業に期待を込める。

若手中心に 市内で増加

 市内のイチゴ農家は一昨年の4軒から昨年は6軒に、準備中の農家を含めると来年には8軒まで増える見込み。市農業支援センター関係者は「都市部は消費者が近いのでイチゴ狩りや観光農園の需要が高く、若手を中心に取り入れたいとする農家は多い」と話す。

 山田代表は「市内でイチゴを栽培する農家は今後も増えていくと思う。加工製造を請け負うことが、導入コストなどの不安を解消する受け皿になれば」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

農家の果実酒醸造 解禁へ

農家の果実酒醸造 解禁へ 経済

市、県内初の特区を申請

1月24日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域の将来 語る場創出

麻生区

地域の将来 語る場創出 社会

初回会議 1月末に開催

1月17日号

将来見据えた地域づくり

多田区長インタビュー

将来見据えた地域づくり 社会

コミュニティ構築に重点

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

先読む力 令和に開花

片平小4年福田佳朋君

先読む力 令和に開花 文化

囲碁全国大会 3度目出場

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

    1月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク