麻生区版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

麻生区基準地価 住宅地 横ばい傾向続く 商業地の伸び 市内トップ

経済

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena

 住宅地、商業地などの土地取引の目安となる基準地価(7月1日時点)が先月、県から発表された。昨年からの伸びを示す平均変動率で、麻生区は商業地が好調な伸びを維持する一方、住宅地は4年連続のマイナスとなった。

 基準地価(1平方メートルあたりの価格)は県内927地点で調査が行われ、麻生区では商業地2地点、住宅地14地点が公表された。

 商業地価は新百合ヶ丘駅南口の「上麻生1丁目5番3」が121万円で、前年から6・1%上昇。柿生駅前の1地点も地価は上がり、2地点平均で5・5%上昇。平均変動率で見ると市内7区の中で最も高い率となった。

政令市で唯一の下落

 一方、区内の住宅地は対象14地点の内、昨年から上昇したのは3地点、横ばいが7地点、下落4地点。下落した地点数は昨年(5地点)から減少したが平均価格は17万3600円で、0・1%下落。住宅地平均価格の下落は川崎、横浜、相模原の県内政令市で唯一となった。

 調査を行った県は、都心への接近性に優れる地域が地価の上昇をけん引しつつも、起伏のある分譲地や敷地が大きく分割が出来ない土地の需要が弱いと分析する。

潜在需要に期待も

 今回の地価調査で県は相模原市の住宅地価上昇を、リニア中央新幹線による期待感からくるものとしている。「将来の発展として見ると、麻生区も地下鉄の延伸事業が進められているが、土地価格への影響はもう少し先の話になる」と語るのは地元不動産店の三井住友トラスト不動産(株)新百合ヶ丘センターの従業員。同センターはここ数年の傾向として「都心への利便性を考えた若い世代の流入も目立ってきた。麻生区は潜在的な需要が高い地域なので、改めて注目が集まれば広範囲での波及効果も見込まれる」と期待を寄せている。

麻生区版のトップニュース最新6

水没品 市費修復へ

川崎市市民ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

構内に「街中ピアノ」

新百合ヶ丘駅

構内に「街中ピアノ」 文化

常設に向け4カ月実験

11月8日号

水没品 市費修復へ

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

在宅リハビリにIT技術

在宅リハビリにIT技術 経済

区内企業ら 新ソフト開発

11月1日号

北部住宅 若年世帯に循環

川崎市

北部住宅 若年世帯に循環 社会

空き家防止で街並み維持

10月25日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

自転車生活サポート

ご家族みんなの自転車ロードサービスに、賠償事故に備える保険が付いて安心!

https://www.jcom.co.jp/service/bicycle/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

聖夜祝うフルートの音色

聖夜祝うフルートの音色

クリスマス公演 今年も

12月2日~12月2日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク