麻生区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

在宅リハビリにIT技術 区内企業ら 新ソフト開発

経済

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
リストバンドを巻くそえるて山上取締役
リストバンドを巻くそえるて山上取締役

 老人施設で活用されているリハビリ専用のデジタル技術を訪問看護の分野でも役立てようと、IT企業と麻生区の福祉事業所が新たなプログラムの開発を進めている。介護度低減や医療費削減の一助にと、両社は来年2月の提供開始を目指しデータ収集などに取り組んでいる。

 開発を行っているのはリハビリプログラム「モフトレ」を提供する(株)モフと訪問看護などの福祉サービスを行う(株)ソエルテ(麻生区高石)。

 動作を感知するリストバンドとタブレットを使用し、複数の利用者が機能訓練やレクリエーションを行うモフトレ。同サービスは2017年度の川崎市認証福祉製品で、現在は全国約300の老人施設で活用されている。

ニーズ聞き 企業に提案

 「地域のケアマネジャーから脳疾患など、外出が困難な方のリハビリ要望を多く聞いていた。病態管理を行う看護師が在宅でリハビリ対応できればと考えていた中でモフトレと出会った」とソエルテの山上剛史取締役。今回の取り組みは山上取締役から(株)モフに在宅用のプログラム開発を提案し、1年ほど前から改良を進めてきた。

 新たなサービス「モフナース(仮)」は、複数の人が利用することを想定しているこれまでのモフトレに部位別、疾患別などリハビリのプログラムを細分化。運動機能が落ちている特定難病者にも個々の対応が可能な内容を盛り込んでいる。

 現在も在宅リハビリのニーズなどデータ収集を行っているという山上取締役。「介護度の軽減といった市や国が目指すことに役立つサービス。全国に先駆けて麻生区から始まることに意義を感じる」と語る。

 モフの土田泰広取締役は「福祉の企業から良い提案を受けて実現できた取り組み。12月から試行版を提供し、来年2月から全国の訪問看護ステーションなどに紹介していきたい」と話す。

麻生区版のトップニュース最新6

親子向けに防災冊子

麻生区

親子向けに防災冊子 社会

保育所などで配布中

2月21日号

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

3月上旬に利用開始へ

柿生歩道橋

3月上旬に利用開始へ 社会

工法変更で半年延期

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

ゲームで避難所運営

金程中学校区

ゲームで避難所運営 社会

多世代85人が議論

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 社会

年度内の作業完了めざす

2月7日号

エルミの感謝祭

10月25日から27日まで、カード会員さまだけのおトクな3日間

https://www.odakyu-sc.com/l-mylord/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩

3月11日~3月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク