麻生区版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める 鈴木 武夫さん 下麻生在住 73歳

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena

歌が育む地域との関わり

 ○…区内で活動するコーラス団体によって組織される麻生区合唱連盟の会長となり2年目。12月に行われる年に1回のステージ「あさお合唱フェスタ」は自身も2つのグループで出演する。「力試しの機会であり、仲間との出演だったり楽しみ。多彩なグループが良曲を披露するので、聴きに来る人も飽きることはないはず」と晴れの舞台を心待ちにしている。

 ○…生まれ育ちは上麻生。県立向の岡工業高校(多摩区)卒業後、総合建設会社で各地の橋りょうや高速道路といったインフラ整備の施工管理に奔走した。転勤生活が落ち着いた30代後半、「地域との関わりを」と一念発起し、当時柿生駅前で活動していたコーラス団体に入会。「歌の集まりだから用意するものも無いかな、って始めたけど35年間歌い続けてきた。そんなつもりはなかったけど、気づいたらどっぷりはまっていたね」

 ○…オフの日に楽しむゴルフと釣りの仲間も今は地域の人たち。「コーラスをきっかけに、少しずつ地域のことやどういった人が活動しているのか、分かるようになってきた」。妻は自宅で書道教室を主宰し、お互いが充実した毎日を送る。「夫婦で尊重しながら並走して楽しんでいる感じ。お互い口出しもしないしね」と笑う。

 ○…コーラスの魅力は「呼吸法を学んで立ち姿も良くなるし、楽譜を読むのに頭も使う。仲間との健康づくりには最高」ときっぱり。90代の先輩メンバーを見習い、目指すは「可能な限り生涯現役」だ。「組織としては加盟団体の数を増やしていくことが命題。今は年に1回イベントを開くのが精いっぱいだけど、それ以外の発表の場も考えてみたい」。老若男女が集うことができるコーラスの魅力を発信しようと熱意は尽きない。

麻生区版の人物風土記最新6

田中 隆さん

レストランあさおで月1回提供する地元食材ランチのメニューを考案する

田中 隆さん

多摩区在住 69歳

12月13日号

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

栗平在住 73歳

11月22日号

大矢 高弓さん

作品「ふるさと」が日展の特選に選ばれた日本画家の

大矢 高弓さん

千代ヶ丘在住 50歳

11月15日号

窪嶋 真弥さん

整理収納アドバイザーとして自宅セミナーの開催やテレビ番組にも出演する

窪嶋 真弥さん

万福寺在住 39歳

11月8日号

香川 和彦さん

11月24日に田園調布学園大で開催するフリーマーケットを立ち上げた

香川 和彦さん

王禅寺西在住 62歳

11月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク