麻生区版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

余剰竹材 食器に再生 商品化で地域循環も視野

社会

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena
福祉施設に寄贈された食器セット(上写真)は地域に開放する食堂で活用。食器は片手で持つことが出来るデザインに(下写真)
福祉施設に寄贈された食器セット(上写真)は地域に開放する食堂で活用。食器は片手で持つことが出来るデザインに(下写真)

 岡上を拠点とする農業生産法人(株)カルナエストと和光大学が、地元の竹を使った食器類を製作。このほど岡上の介護福祉施設「ゆらりん家」に完成した20組を寄贈した。

 粉末化した竹をプラスチックと混ぜ合わせた食器セットは成型加工を行う市内企業の協力を得て製造された。

 岡上小学校に隣接する特別緑地保全地区では年に数回、同大学生らが伸びた竹を伐採してきたが、大部分は放置されていた。これら余剰材の課題解決をテーマに生まれたのが竹の食器たちだ。

 製作に携わったカルナエストの山田貢代表は「将来的な商品化も視野に、包装作業を地域の福祉施設が担うなど、賃金面も含めた地域循環を考えたい」と期待する。同大の堂前雅史教授は「岡上ならではのコンパクトな関係の中で、自然保護や福祉雇用などの課題が解決できる取り組み」と話している。

麻生区版のローカルニュース最新6

『差別』って何ですか

インタビュー

『差別』って何ですか 社会

和光大学現代社会学科 挽地康彦教授に聞く【1】

7月3日号

福祉まつりも中止に

福祉まつりも中止に 社会

コロナ影響で

7月3日号

ロータリー 新人事

ロータリー 新人事 社会

7月1日付け

7月3日号

市民館ホール抽選

市民館ホール抽選 文化

次年7月、8月分

7月3日号

野菜ソムリエに学ぶ

野菜ソムリエに学ぶ 社会

14日 「菜食健美カフェ」

7月3日号

自宅で気軽に体操を

自宅で気軽に体操を スポーツ

シニアライフ振興財団が動画を配信

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク