麻生区版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

地下鉄延伸事業 東側ルートを正式決定 新駅はヨネッティー付近

経済

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
概略ルート・駅位置イメージ
概略ルート・駅位置イメージ

 横浜市と川崎市が進めてきた横浜市営地下鉄の延伸事業について両市は21日、川崎側の路線を3つの候補から「東側ルート」に決定したことを発表した。川崎市は市北部交通網の充実と周辺活性化を目的に、ヨネッティー王禅寺付近の新駅設置方針を固めた。

 両市は昨年1月に延伸の事業化を発表。2030年の開業を目指し、あざみの駅から約6Kmを延伸する。横浜市は嶮山とすすき野付近に新駅を設置し、川崎市側は新百合ヶ丘駅付近まで3つのルート案を示していた。

 各ルートには異なる新駅を想定。「東側」はヨネッティー、「中央」は王禅寺公園、「西側」は白山付近で設置を検討。それぞれ費用対効果や事業採算性が認められるとしながらも東側を有力案とし、今年度中に考えを一本化するとしていた。

 今回のルート決定について、川崎市は昨年開催の市民向け説明会や意見募集を踏まえ、合意に至ったとしている。

 麻生区内で昨年設立された地下鉄延伸早期完成期成同盟会の小塚良雄会長(桐光学園理事長)は「この時期のルート決定は事業が順調に進んでいるからでは。住民として推移を見守りながら提言や調整を行っていきたい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク