麻生区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

黒川竹行燈(あんどん)の会の代表を務める 野島 保さん 黒川在住 78歳

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

一石三鳥の竹行燈

 ○…「竹林の整備と地域交流、認知症防止、一石二鳥、三鳥だよ」と笑う。竹行燈づくりは7年ほど前に町内会の高齢者サークルとして活動を開始した。「デザインは頭も使うし、彫るのは体力も使う。いいことばかり」。若い人も参加するようになり、独立した活動が始まった。遠方から参加したいと問合せがあるが「まずは地元から。住民の皆さんが仲良くなれる場になれば」。

 ○…黒川生まれ。「田んぼと畑ばっかりでね。牛を使って田起こしもしたよ」と懐かしむ。稼業の農家を継ごうと農業高校に通い、卒業後はシクラメンやバラなどの施設園芸を始めた。「いい色を出すために苦労したよ。どうしても東北の品種には勝てなくてね」。畑が市街地調整区域に指定され、農家を断念。「もう少しやってみたかったけど、採算が合わなくてね」。現在は資産管理業を営む。

 ○…「のめり込むタイプかな」と自身を分析する。30代ではエレクトーンに挑戦。音楽教室に通い、最終的には友人の結婚式のオープニングで弾いた。40代はそば打ち。「蔵に包丁があったので、やってみようと」。栽培から始め、収穫し、そば粉を挽き、打った。「みんな喜んでくれたけど、今は包丁も錆びちゃってるね」と笑う。そのほか乗馬にものめり込み、乗馬クラブに週2回通った。

 ○…「竹行燈づくりは楽しくてしょうがない。デザインを考えている時が一番幸せ」。デザイン画を自ら描き、時にはパソコンソフトを使ってデザインすることも。「昔は竹を使って生活用品を作ってきた。そんな文化を残していければ」。地域で竹林を管理できる人が減っているが、「そういう人のためにも、この会がある。遊びも地域貢献になるよ」と話す。

麻生区版の人物風土記最新6

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

今井 祐之(ゆうと)さん

麻生区合唱連盟理事を務めるなど区内で合唱活動に尽力する

今井 祐之(ゆうと)さん

上麻生在住 31歳

11月13日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

11月6日号

佐藤 季子さん

地域情報サイト「ロコっち 新百合ヶ丘」の編集長を務める

佐藤 季子さん

片平在住 44歳

10月30日号

安岡 卓治さん

25日から開催する「KAWASAKIしんゆり映画祭」の実行委員長を務める

安岡 卓治さん

日本映画大学教授 66歳

10月23日号

野島 保さん

黒川竹行燈(あんどん)の会の代表を務める

野島 保さん

黒川在住 78歳

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク