麻生区版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

ジャニーズJr.で、舞台「両国花錦闘士」の主演を務める 原 嘉孝さん 中原区出身 25歳

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena

”昇り龍”の勢いで 夢つかめ

 ○…「いろいろあったけど、舞台に立てて幸せ。お客さんの喜んだ顔が見れてよかった」と、東京公演を振り返る。開演1カ月前に急遽代役で主演・昇龍役に抜擢。相撲の物語で、老舗劇場の舞台に鍛えた体が観客の目を引く。「筋トレは好き。昨日の自分を超えて、前に進んでいくみたいで」。公演を見た家族や仲間からも「誇らしく思えた」と好評だ。

 ○…中学3年でジャニーズ事務所に入所し、歌とダンスの練習に励んだ。芝居の世界に本格的に入ったのは、ほんの2年前。尊敬する先輩に教えを請いながら、短期間でスキルを磨いてきた。「今高いのは芝居熱だけど、基本的にはマルチに実力を伸ばしたい。目標はミュージカルで活躍すること」と静かに熱を込める。自身を「メンタルがすごく弱い」と評するが、舞台上の堂々とした姿には表現することへの喜びがあふれている。

 ○…人前に立つことを意識したのは、西丸子小時代。芸能活動を始めた同級生にどこか憧れを抱いていた。後に同じ世界に進む彼と、学芸会で一緒に踊った思い出を懐かしむ。「とどろきアリーナの成人式で再会したときには、いつか共演しようなんて約束もしました」と目を細める。小学校の恩師や地元の友だちとは今でも連絡を取り合う仲。「やっぱり地元は安心する」と、やわらかな笑顔で語る。

 ○…夢は「ビッグになること」と言い切る。そのために大切にしているのは努力と感謝だ。何百人といるライバルの中で誰よりもダンスを練習した自負がある。だからこそ、小学生の書き初めで書いた「努力は実る」という言葉が今も心に残っている。「努力が実るのは誰かがちゃんと見てくれているから」。周りへの感謝を胸に、次のステージへ向かう。

麻生区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

和泉 杏奈さん

【Web限定記事】ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で麻生区、多摩区を担当する

和泉 杏奈さん

川崎市在住

2月19日号

松田 肇さん

麻生ヤマユリ植栽普及会の会長を務める

松田 肇さん

王禅寺東在住 75歳

2月12日号

鈴木 正視さん

令和2年度川崎市自治功労賞に選ばれた五力田町内会長の

鈴木 正視さん

五力田在住 73歳

2月5日号

竹市 八郎さん

地域でボランティア活動を続ける

竹市 八郎さん

万福寺在住 84歳

1月29日号

原 嘉孝さん

ジャニーズJr.で、舞台「両国花錦闘士」の主演を務める

原 嘉孝さん

中原区出身 25歳

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク