麻生区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

市シェアサイクル 各区へ実験拡大 新百合ヶ丘駅周辺も追加

社会

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
向ヶ丘遊園駅前のシェアサイクル
向ヶ丘遊園駅前のシェアサイクル

 地域活性化や放置自転車抑制などの課題解決に向け、川崎市が2019年から2エリアで取り組んできた「シェアサイクル実証実験」。市は今月16日、今年3月末までを予定していた実験期間を12月末まで延長するとともに、新たに6エリアを加えて実証実験を継続すると発表した。

 市が取り組むシェアサイクルは、専用ポート(駐輪場)で自転車を借り、別のポートで自由に返却できるサービス。電動アシスト付きで、スマートフォンで決済できる。現在は登戸・向ヶ丘遊園駅周辺と殿町・大師河原で実施。昨年は最大で月間2363人が利用した。

 追加されるのは川崎駅周辺、新川崎・鹿島田駅周辺、武蔵小杉駅周辺、武蔵溝ノ口駅周辺、鷺沼・宮前平駅周辺、新百合ヶ丘駅周辺。今後、各エリアを調査して駐輪場の場所や台数を決定。4月初旬に全エリアで設置完了を予定している。

導入にさまざまな声

 中原区で放置自転車対策に取り組む、自転車と共生するまちづくり委員会の川連昌久委員長は「駐輪場の場所を駅周辺に取れるのか気になるが、需要は幅広い世代にあると思う。放置自転車の減少に期待」と話す。また、宮前区全町内・自治会連合会の持田和夫会長は「坂が多い地域では電動アシスト付きでも体力的に厳しい。駅周辺は駐輪場も少なく置ける場所が無いので、利用者は増えづらそう」と話す。

 これらの意見を受けて市の担当者は「課題もあるがシェアサイクルは移動手段が増え、健康にも良い。一度乗ってもらい、利便性を知ってもらえたら」と呼びかける。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

今年は"ひと味ちがう"ジャズ

今年は"ひと味ちがう"ジャズ 文化

8日、音大生企画公演

4月16日号

13年目の春がきた

13年目の春がきた 文化

18日開幕、5月16日まで

4月16日号

3世代で、縁の下の力持ち

3世代で、縁の下の力持ち 文化

アートボランティア“柴田ファミリー”

4月16日号

やまゆりで「フラ」体験

やまゆりで「フラ」体験 文化

23日、区民講師講座

4月16日号

地元野菜に長蛇の列

小田急×地元農家

地元野菜に長蛇の列 社会

直売企画 2回目も盛況

4月16日号

性暴力根絶へ、50人が訴え

性暴力根絶へ、50人が訴え 社会

川崎駅前でフラワーデモ

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter