麻生区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

しんゆりシャトル 実用化へ有償運行開始 ニーズを検証 5月まで 

社会

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
▲アルファードを使用する「しんゆりシャトル」
▲アルファードを使用する「しんゆりシャトル」

 官民連携によるオンデマンド交通「しんゆりシャトル」の実用化に向けた有償運行が2月17日から始まった。新百合ヶ丘駅周辺の約500カ所で乗降が可能で、配車から支払いまでアプリで行う同事業。今回、駅周辺道路の混雑緩和、保育・教育関連施設、商業施設と連携を図ることで利用者の促進と、子育て世帯の送迎負担軽減などの地域住民のニーズを検証することが目的。今年5月16日まで実施する予定だ。

 小田急電鉄(株)、小田急バス(株)、川崎交通産業(株)、神奈中タクシー(株)、川崎市の連携によって実施される同事業。さまざまな種類の交通手段をアプリ等によって一つのサービスとして統合する日本版「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」の取り組みとして、国土交通省の推進・支援事業に選定されている。

 今回の実証運行は、トヨタ社の「アルファード」を用い、新百合ヶ丘駅周辺から約5平方キロメートルを対象エリアに実施(MAP参照)。運行時間帯は午前7時から午後10時。配車依頼から運賃の支払いまで小田急電鉄が開発したアプリ「EMot(エモット)」で行うのが特徴だ。対象エリア内で設定された約500カ所の「ミーティングポイント」での乗降が可能。利用客の呼び出しにより随時経路が変わることもあり、相乗りになるケースもある。料金は大人500円、小人250円(1カ月の定期券もあり)。

商業施設等と連携も

 「しんゆりシャトル」は昨年2月から4月に、小田急電鉄を中心に無償での実証運行を実施し、アプリによる配車の効率性、住民ニーズを検証。その結果、期間中の1日あたり最大約200人が利用。配車システムにも大きなトラブルもなく、80%以上が「満足」「やや満足」とアンケートに答えたという。

 2回目となる今回は、特に子育て世帯、駅前商業施設の利用客のニーズ把握のため、保育園や習い事の教育関連施設の利用者、新百合ヶ丘エルミロード利用者に対し、シャトルの無料クーポンを配布。送迎の負担、集客力向上の効果、駅前道路の混雑緩和を検証する。

 小田急電鉄では、本格運行の実施時期は未定としながらも「料金や実際の移動所要時間なども含めて、3カ月間の結果をもとに本格運行に向けた検証を行っていきたい」と話している。

◀運行対象エリア=小田急電鉄提供
◀運行対象エリア=小田急電鉄提供

麻生区版のトップニュース最新6

囲碁で全国ベスト16

王禅寺中央中高橋さん

囲碁で全国ベスト16 社会

2大会出場 「夏に雪辱」

4月16日号

駅前ピアノ、ふたたび

新百合ヶ丘

駅前ピアノ、ふたたび 文化

歩行者通路に8日間設置

4月16日号

バリアフリー情報を集約

バリアフリー情報を集約 文化

芸術・文化13施設 地図に

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

駅構内で地場野菜PR

小田急電鉄×地元農家

駅構内で地場野菜PR 社会

 魅力発信へ、初のコラボ

4月2日号

認知症対応で区表彰

トヨタカローラ新百合ヶ丘

認知症対応で区表彰 社会

官民の連携強化へ

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter