麻生区版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

目標「日本一」 大学生が起業 「ホルモン王子」小楠さん

経済

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
自身を「ホルモン王子」と名乗り、店名にした
自身を「ホルモン王子」と名乗り、店名にした

 店の外に漂う香ばしい匂いに、自身の姿が大きく映った大きな看板-。柿生駅すぐそばに3月3日にオープンしたホルモン焼き店「ホルモン王子」(上麻生5の38の9)。経営するのは、区内在住の現役大学生・小楠裕己(おぐすゆうき)さん(20)だ。

 店内に貼られた手書きのメニュー表には、ホルモン、ガツ、もつ煮などが並ぶ。価格帯は200〜300円。「基本はタレ。醤油、ハーブ塩でも楽しめるのは関東では珍しい。『安い・珍しい・うまい』がウリです」と笑顔で語る。

味に自信

 「目指すは日本一の産業グループ」。そう語る小楠さんは現在、東京農業大学の3年生。実家は佐賀県で養豚場と、しゃぶしゃぶ店を営む。中学生の頃に「自分がやった方がもっとうまくいくと思っていた」と起業の原点を語る。

 大学入学後、起業への思いが膨らみ、行動を開始。当初は焼き肉店を考えていたが、資金がより少なくて済むホルモン焼き店に決めた。津々浦々人気店を食べ歩き、大阪・西成の醤油味、地元・佐賀のハーブ塩味に独自のアレンジを加えた商品を開発した。

 昨夏、佐賀農業大学校で66人から試食アンケートを行った結果、88点と高評価だった。そうしたデータをもとに経営計画書を作成。横浜の養豚場からの仕入れも可能になった。開店資金調達のために金融機関を回ったが、コロナの影響もあり、どこからも断られた。「とにかく早く始めたかった。自信があったので」と熱意で動いているとスポンサーがみつかった。

 ホルモンが定着している厚木で勝負しようと、物件を探したが、良い所がみつからないことに加え、学生であることからも断れた。そこで見つかったのが柿生駅前の現物件だった。

露出増やしたい

 迎えた3月3日。満を持して開店したものの、現実は厳しかった。当初は、友人たちが来てくれたが数日後には来店客はほとんどなし。「食べてもらえれば絶対に来てくれる」。「先着20名無料キャンペーン」を実施すると奏功し、リピーターが増え、常連客もできてきたという。「もう少しお客さんが増えて軌道に乗ったら、2店舗目を出したい」と野心をみなぎらせる。

 自身を『ホルモン王子』と名乗り、SNSでも積極的に配信。少しずつ注目を集め始めている。「メディアの方、ぜひ来てください。何でも応えます」と大胆不敵に笑う。柿生発の大学生起業家のホルモン店。今後に注目だ。

自信のあるホルモン焼き
自信のあるホルモン焼き

麻生区版のローカルニュース最新6

区民と一緒にまちづくりを

三瓶新区長インタビュー

区民と一緒にまちづくりを 社会

新型コロナ・災害対応など語る

4月9日号

2年ぶりに区民講師講座

2年ぶりに区民講師講座 社会

1回目は「インスタ」活用法

4月9日号

声に出す楽しさ体験

声に出す楽しさ体験 文化

講座「初めての朗読」

4月9日号

特技を地域で発表

特技を地域で発表 社会

登録者募集中

4月9日号

公共施設に給水スポット

公共施設に給水スポット 社会

市、マイボトル普及へ

4月9日号

はんこ廃止、4月から

川崎市

はんこ廃止、4月から 社会

オンライン化推進で

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter