麻生区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

小多機支え合い 野菜ギフトに応募多数 30人が笑顔で受け取り

コミュニティ社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
野菜などをギフトとして提供
野菜などをギフトとして提供

 地場産の野菜など川崎の魅力を詰め合わせた「かわさきギフト」を提供するイベントが7月14日、小規模多機能施設「支え合い」(栗木)で開催され、多くの地域の人たちが訪れた。

 市の小地域における生活支援体制整備モデル事業を担う同施設。地域の多世代交流の場として施設内の「みんなで支え合い広場」を提供し、定期的にイベントなどを実施している。

 今回は、「知ること・つくること・食べる事でつながろう」をテーマに、地場産の朝どれ野菜や、手作りのキャンディレイなどを詰め合わせた「ギフト」を地域に提供。事前に応募のあった130人の中から、抽選で選ばれた30人が同施設を訪問すると、袋につまったギフトを手にし、笑顔を見せていた。

 同施設の日隈典子さんは「地域の方が野菜の仕分けやレイ作りにボランティアで参加していただけてありがたかった。地域で何が必要なのか、皆さんのご意見を伺いながら、つながりをつくる活動を今後も続けていきたい」と話した。

ボランティアがキャンディレイを作成
ボランティアがキャンディレイを作成

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook