麻生区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

【Web限定記事】川崎市内 労災、増加止まらず 50代以上に目立つ「転倒」

経済

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市内の労働災害(労災)が年々増えている。昨年、負傷などで4日以上休業した死傷者は1061人で、3年連続の増加。今年1月から6月までの累計でも、前年同期比54人増の429人と増加の一途をたどる。

 川崎北労働基準監督署によると、労災が増えている要因の一つに、働く高齢者の増加が挙げられるという。昨年の死傷者数を年齢別でみると、50歳以上が513人(48・3%)で全体の約半数を占める。事故の種別では、「転倒」が225件(21・2%)、「動作の反動・無理な動作(腰痛)」が218件(20・5%)で4割超。同署安全衛生課の担当者は「身体能力が衰え、転倒して骨折するなど、日常生活でも起こりうる事故が目立つ。特に高齢女性に多い」と話す。

 業種別では、保健衛生業(医療機関など)が199人と最も多く、商業が185人、運輸交通業が155人、建設業が130人と続く。保健衛生業を中心にコロナ感染者の発生も一因というが、「コロナ禍で人員を減らしたことで、残る従業員に負担がかかり事故につながった状況が全業種で散見された」という。

 市内北部と南部にある労働基準監督署では、製造業や建築業などの業界団体に労災事例の共有や活動の表彰制度を設けるなど、50年以上前から市と連携し取り組んできた。一方、組織化されていない飲食業などの個店に対する周知が課題という。今後、ワクチン接種を終えた高齢者が働き始めることも想定される中、同署は「労災が減る要素はない。労使双方の危険予測と、高齢者の健康に対する意識向上も重要」としている。

麻生区版のローカルニュース最新6

群舞の魅力たっぷりと

群舞の魅力たっぷりと 文化

読者10組を招待

12月3日号

家族みんなのバランスは

家族みんなのバランスは 教育

14日 区役所で講演会

12月3日号

名作をしんゆり舞台に翻案

劇団わが町

名作をしんゆり舞台に翻案 文化

きょうから5日まで

12月3日号

1人1団体に地域功労賞

1人1団体に地域功労賞 社会

地域振興、生活向上に貢献

12月3日号

活動を奉告

【Web限定記事】市茶華道協会

活動を奉告 文化

12月3日号

口腔がん「早期発見を」

口腔がん「早期発見を」 社会

市歯科医師会が無料検診

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高血圧症と心不全」

テーマは「高血圧症と心不全」

12月9日 健康づくり講演会

12月9日~12月9日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook