麻生区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

柿生文化を読む シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena
写真 享保五年(1720)恩田村裁許絵図「青葉の村々と矢倉沢往還」より転載
写真 享保五年(1720)恩田村裁許絵図「青葉の村々と矢倉沢往還」より転載

 享保絵図に描かれた「人家」は恩田川を望む丘陵南側の緩斜面に沿った道(県道川崎町田線の旧道)や恩田川と並行して帯状に東西に伸びている。名主太郎左衛門家もこの一画を占めていた。この立地は恩田川の沖積低地にある耕作地を見渡し、日当たりが良く氾濫による水害から住居を守り、背後の丘陵と屋敷森が冬の季節風を遮る効果が期待できる。こうした集落景観の成立時期を考える上で参考になる事例が堀ノ内地区に残っていた。「部内第一の地」(字地書上)と言われた字堀ノ内は訴訟に直接関係の無い村の西側に位置するために享保絵図には描かれていないが、踏査すると杉山神社が鎮座する丘の麓に集落があり、台地の尾根筋には全長500mの空堀が「コの字」形に堀ノ内地区を囲みこむ様に延びていた(開発により消滅)。調査報告書はこの空堀に15世紀という年代を与えている。発掘調査にともなって中世の五輪塔の部材と応永十四年銘(1407)・享徳元年銘(1452)の板碑が出土している事から、墓地が存在した可能性もある。付近の杉山神社や墓地にも宝篋印塔の部材を見かける。これらの石塔類の部材は形態から15〜16世紀と考えられる事から空堀の年代と一致する。堀ノ内の地名から武士の城館を連想しがちであるが、中世考古学の研究によると集落を囲んだ領域区画と墓地は中世後期の村落景観であるいう。すると空堀に囲まれた空間は城館ではなく15〜16世紀に成立した集落の可能性がある。また、中世後期の「人家」はもっと少なかったと考えられるので、絵図の人家は割り引いて見る必要がある。

(つづく)

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

今、「平和の大切さ」を伝える人達が...

区民記者が走る! vol.13 2022年 May

今、「平和の大切さ」を伝える人達が...

5月20日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」稲毛重成の人物像にせまる(その2)【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

5月13日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」稲毛重成の人物像にせまる(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約250種のバラ、可憐に

約250種のバラ、可憐に

「ローズオカガミ」22日まで

5月12日~5月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook