麻生区版 掲載号:2022年6月3日号 エリアトップへ

「あさおホッププロジェクト」を企画する 福澤 雄太さん 上麻生在住 31歳

掲載号:2022年6月3日号

  • LINE
  • hatena

ホップでまちの活性を

 ○…麻生区内の有志家庭でホップを育てグリーンカーテンをつくるプロジェクトを今月から始動。ビールの苦みや香りのもとになるホップは、近隣のホームセンターでも苗があまり販売されず、家庭で育てるのは珍しいという。「だからこそ、誰かに聞いたり、状況を共有しながらの作業が必要になってくる。そうやって仲間同士の交流ができたら」。まちの緑化と新しい輪をつくることの、一翼を担う。

 ○…数年前に訪れた米・ロサンゼルスで、数多くの小規模醸造所を目にした。大手企業のものとはまた違う、個性豊かなクラフトビールの数々に触れ、「こんな場所があるなんてワクワクした」と笑顔を見せる。自他ともに認めるフットワークの軽さで、国内外各地のビールを飲みに行き研究。今では本格的に醸造家を目指し、ビールづくりや飲食店経営などを日々勉強している。

 ○…転勤族で、子どもの頃は国内外を行き来。10年ほど前に家族で移った麻生区は「坂、山、緑といった自然を感じられる場所が多いところが良い」と、すっかり景色に馴染んだ。まちに還元したい気持ちから、ホップの事業を企画した。趣味の旅行では食事場所を決めてから観光ルートを考えるほど、食には重きを置く。今行きたいのはベルギー。「ベルギービールの一種のランビックを飲みたい」と、ビールは欠かせない。

 ○…農家から借り受けた片平の川沿いの畑でもホップカーテンをつくる。「この事業を始めてから、麻生区のみなさんのやさしさに触れる機会が多い。期待に応えたい」と、感謝と目標を口にする。夢は区内に醸造所をつくることと、「いつかは収穫したホップを使って麻生区産のビールをつくりたい」。スタートは今切ったばかり。

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

麻生区版の人物風土記最新6

Harunaさん

下麻生のbless4スタジオで行われた服の交換会のイベントを企画した

Harunaさん

麻生区在住 

8月19日号

成澤 布美子さん

人形劇、児童劇などを公演する「あらら企画」代表の

成澤 布美子さん

高石在住 57歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

岡上在住 66歳

8月5日号

本多 夏萌(なつめ)さん

「あさお希望のシナリオ実行委員会」の副実行委員長を務める

本多 夏萌(なつめ)さん

向原在住 22歳

7月29日号

瀬戸 豊彦さん

川崎市文化財団理事長に、先月就任した

瀬戸 豊彦さん

市内在勤 63歳

7月22日号

伊藤 道子さん

「岡の上カフェ」の発起人の1人で、民生委員・児童委員を務める

伊藤 道子さん

岡上在住 69歳

7月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook