川崎区・幸区版 掲載号:2013年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

江ヶ崎跨線(こせん)橋が開通 地域の分断解消へ

社会

式典には両区から多数が出席した
式典には両区から多数が出席した
 幸区新小倉と横浜市鶴見区江ヶ崎町を結ぶ江ヶ崎跨線橋が3月28日に開通した。同日、橋上で開通記念式典もあった。

 江ヶ崎跨線橋は、1929年、旧国鉄が新鶴見操車場を建設した際、地域の分団解消を目的に架けられたもの。架設から約80年、鉄道橋として使用していた一部は110年以上が経過するなど老朽化が著しく、05年から川崎・横浜両市により架け替え工事が進められていた。

拡幅し歩道も

 新跨線橋は、橋長77・8m、幅員は13mから16m。旧橋は幅員が5・5mと狭く、歩道もなかったが、新しい橋では3mの歩道が両側に整備された。

 同日、式典で開会の言葉を述べた幸区小倉下町内会の早川文男会長は、「平成の歴史の1ページになる。関わってくれた人たちに感謝したい」と話した。

モニュメント設置

 歴史的な背景から「かながわの橋100選」に選ばれていた旧橋。「文化土木遺産として残したい」という地元からの要望もあり、解体された一部を使ったモニュメントが造られ、橋の袂に設置された。

 江ヶ崎町内会の黒川治宣会長は、「新しい橋も横浜と川崎の架け橋になって、互いの発展につながれば」とあいさつした。

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

0円で体験できます♪

有隣堂の音楽教室は「ドラム」「ピアノ」「ウェルネス」などの各コースをご用意!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/kawasaki/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク