川崎区・幸区版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

共生考える講座 市ふれあい館で全5回

社会

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼び掛けるポスター
参加を呼び掛けるポスター

 市教委と市ふれあい館は「いま、『ともに生きる』ことを考える」講座を6月10日(水)から7月4日(土)まで全5回実施し、参加者を募集している。

 同講座は、多文化共生という言葉が社会で定着してきたことを背景として、いま必要とされる生き方を社会学やジャーナリズム、東日本大震災など様々な分野から考えていく。

 第1回は「『ともに生きる』ことをなぜいま考えるのか〜格差と差別〜」と題し、慶應義塾大学の塩原良和教授が講師を務める。グローバル化によって、国境を越えて人や物、情報が自由に行き来する時代に、今何が起きているのか、ともに生きることの難しさの原因はどこにあるのかを考える。

 各回テーマと講師は以下の通り。▽第2回「メディアは『いま』をどう見ているか」、石橋学さん(神奈川新聞記者)▽第3回「フクシマの現場の声を通して、ともに生きる『いのち』を考える」、片岡輝美さん(放射能から子どものいのちを守る会代表)▽第4回「多文化な街で、ともに働き、ともに生きる意味」、三浦知人さん(青丘社事務局長)

▽第5回「講義とフィールドトリップ〜『ともに生きる』街を歩く〜」山田貴夫さん(大学講師)

 同館は、「生きづらさを抱えている人に来てほしい」と参加を呼び掛ける。

 時間は、水曜日が午後7時から9時、土曜日が午後1時30分から3時30分。定員は25人。参加費無料。申し込み、問い合わせは、同館(【電話】044・276・4800)へ。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

住宅地、回復傾向に

川崎区・幸区基準地価

住宅地、回復傾向に 社会

ともに1%超 上昇

10月15日号

地域団体 展示で紹介

地域団体 展示で紹介 文化

29日、30日 プラザ祭り

10月15日号

「言葉・書」自分らしさ表現

秋水書道会

「言葉・書」自分らしさ表現 文化

ミューザ川崎で書展

10月15日号

3選手に市特別賞

富士通レッドウェーブ

3選手に市特別賞 スポーツ

バスケ史上初の「銀」で

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook