川崎区・幸区版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

「子育て」奮闘中 川崎大師駅にツバメの巣

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
巣の中で口を開けるひな(上)と親とみられるツバメ
巣の中で口を開けるひな(上)と親とみられるツバメ

 京急線川崎大師駅の改札口付近の柱の上部に巣をつくった「ツバメの家族」が、乗降客を和ませている。

 同駅営業係の島崎将吾さんによると、巣は7月はじめにつくられ、現在3羽のひなが確認できるという。親鳥と思われる成鳥が、巣のすぐ下にある丸いフックや近くの時計などにとまって、あたりを警戒しているような様子を見せている。

 この巣は今年2つ目。巣がある柱の隣の柱に4月、1つ目がつくられ、5月31日にひなが巣立っていったことを同駅の職員が記録している。夜になると、表参道の方から、親鳥と同じ位の大きさのツバメが数羽飛んできて駅の構内を飛び回っているため「もしかしたら1つ目から巣立っていったツバメが、うまく飛ぶための練習をしに来ているのでは」と、島崎さんは想像を膨らませる。

 島崎さんは「ツバメの動向も気になりますが、お客様への配慮も肝心です」といい、同駅ではツバメのフンに注意を促すカラーコーンを置いた。ツバメの成長を毎日気にしながら改札を通る通勤客もいるという。島崎さんは「7月下旬か8月初めには巣立っていくのでは。我々職員は、掃除しながらツバメを見守っています」と話した。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

市公募債を販売

風水害に備え 実践訓練

臨港消防署

風水害に備え 実践訓練 社会

東扇島東公園で

7月10日号

BBQ場 予約制で再開

BBQ場 予約制で再開 社会

多摩川緑地 時間は3部制

7月10日号

途上国支援 来年見据え

途上国支援 来年見据え 社会

チャリティーカット中止

7月10日号

7年連続上昇、堅調に推移

2020年分路線価

7年連続上昇、堅調に推移 経済

「駅東口広場通り」市内首位

7月10日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク