川崎区・幸区版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

「子育て」奮闘中 川崎大師駅にツバメの巣

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
巣の中で口を開けるひな(上)と親とみられるツバメ
巣の中で口を開けるひな(上)と親とみられるツバメ

 京急線川崎大師駅の改札口付近の柱の上部に巣をつくった「ツバメの家族」が、乗降客を和ませている。

 同駅営業係の島崎将吾さんによると、巣は7月はじめにつくられ、現在3羽のひなが確認できるという。親鳥と思われる成鳥が、巣のすぐ下にある丸いフックや近くの時計などにとまって、あたりを警戒しているような様子を見せている。

 この巣は今年2つ目。巣がある柱の隣の柱に4月、1つ目がつくられ、5月31日にひなが巣立っていったことを同駅の職員が記録している。夜になると、表参道の方から、親鳥と同じ位の大きさのツバメが数羽飛んできて駅の構内を飛び回っているため「もしかしたら1つ目から巣立っていったツバメが、うまく飛ぶための練習をしに来ているのでは」と、島崎さんは想像を膨らませる。

 島崎さんは「ツバメの動向も気になりますが、お客様への配慮も肝心です」といい、同駅ではツバメのフンに注意を促すカラーコーンを置いた。ツバメの成長を毎日気にしながら改札を通る通勤客もいるという。島崎さんは「7月下旬か8月初めには巣立っていくのでは。我々職員は、掃除しながらツバメを見守っています」と話した。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

7カ月ぶり「おかえり」

バスケB1川崎BT

7カ月ぶり「おかえり」 スポーツ

とどろきアリーナで2連勝

10月16日号

笑ってストレス発散

京浜協同劇団

笑ってストレス発散 文化

10月16日号

財政白書を発行

希望者に無料配布

財政白書を発行 社会

市職労・自治研センター

10月16日号

差別・偏見なくして

新型コロナ

差別・偏見なくして 社会

岡部所長が講演

10月16日号

マスク装飾でお得に

マスク装飾でお得に 社会

よみうりランド

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

ヤマハ 秋のおためしレッスン

教室内は感染症対策を徹底。ソーシャルディスタンスを保ってできるので安心です。

https://www.yamahamusic.jp/lesson/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク