川崎区・幸区版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

過去最大量、カリンの実収穫 桜本商店街

経済

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena

 桜本商店街入り口付近に歩道にある約10本のカリンの木が実をつけ、今月12日、同商店街と若者ボランティア=写真上=による収穫作業が行われた。

 かつてこの地域一帯は果樹園が広がっていたことに同商店街が着目。1983年(昭和58年)、同商店街の第1期近代化事業の一環として「果樹のなる街」を目指し、そのシンボルにカリンとヒメリンゴを植栽し、毎年この時期にカリンの実を収穫している。

 同商店街によると、多い時期だと500個程度実をつけるが、今年は過去最大。大きなものは横の長さ15センチ、胴回りは42センチに上った。

 同商店街の石垣順之さんはカリンがたくさん収穫されたことに言及。同商店街には九つの福の神(九福神)が祀られていることから「九福神のご利益が上がる。商売繁盛に期待したい」と話した。

 収穫されたカリンは同商店街で販売され、収益を社会福祉事業に役立てていくとしている。

収穫されたカリンの実
収穫されたカリンの実

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

養護施設に洋食提供

養護施設に洋食提供 社会

川崎マリーンRC

6月18日号

アサガオでおもてなし

大島小

アサガオでおもてなし 教育

東京オリ・パラに向け

6月18日号

市民祭り開催断念

市民祭り開催断念 文化

60万人規模 安全確保難しく

6月18日号

地元選出議員が登壇

地元選出議員が登壇 社会

市議会 18日から一般質問

6月18日号

香辛子を大学生がPR

香辛子を大学生がPR 教育

市職員らと意見交換

6月18日号

シマウマのミドリ、天国へ

夢見ヶ崎動物公園

シマウマのミドリ、天国へ 社会

22日まで献花受付

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter