川崎区・幸区版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

ふろん太かるたで防災学ぶ 川崎F作成 戸手小で授業

社会

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena
かるた取りを楽しむ子ども達
かるた取りを楽しむ子ども達

 サッカーJ1・川崎フロンターレが防災をテーマにしたオリジナルかるたを作成し、今月12日、市立戸手小学校(幸区戸手本町)の4年生の授業でかるた取りを行った。

 この取り組みは、幸区の子どもたちの防災意識を高めてもらおうと、今年度の幸区提案型協働推進事業の一環として実施された。

 読み札には「7日分 できれば備えて 備蓄品」「避難時は エレベータを 使わない」など、災害時への対応策が記されるほか、「梅が咲く 御幸公園 避難場所」と幸区らしい詠み歌もある。絵札には同クラブのキャラクターであるふろん太、ワルンタ、カブレラのイラストが施されている。

 かるた取りの授業は4年生の児童を対象に実施され、同クラブの若松慧さんが読み手となって進められた。

 櫻井龍海さんは同クラブのユニホームを着用して参加。「等々力競技場にもよく訪れているので授業を楽しみにしていた。とても面白かった。休み時間でも遊びたい」と語った。

 同クラブによると、かるたは同小に寄贈。休み時間に活用してもらい、学童保育「わくわくプラザ」などで役立ててもらいたいとしている。また、来年度以降は幸区の他の小学校でも普及していきたいとも話す。

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook