川崎区・幸区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

海風の森をMAZUつくる会の代表を務める 小笠原由夫さん 川崎区追分町在住 88歳

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena

好きな植物と共に生きる

 ○…「木の1年の変化、成長を見るのが楽しみ。家にいるより楽しい」。川崎の最東部に位置する川崎区市民健康の森「海風の森(浮島町公園)」を管理運営する「海風の森をMAZUつくる会」の代表を務める。園内草刈り、枝打ちなどの会の活動日は月に3日だが、加えて週に1度は公園に顔を出している。会として16年間の活動で97種、約7000本の木を植えた。自生の物を含めると現在127種類になる。「木の大きさはまだまだで、他区の市民健康の森に負けるが、種類の多さは一番じゃないかな」と胸を張る。

 ○…2001年の会の発足時からのメンバーだ。秋田県の農家出身で植物には興味があった。「故郷では知らなかった草木も多くて、木の名前を覚えることも楽しかった」。一番好きな木はヤブニッケイ。「東北にはなかった木で、匂いが好き。ミモザも好きで自分が代表になってから植えた」。公園に行かない日も、川崎駅前や、田島支所、大師支所などの花壇に自分たちで植えた花を見に行く。

 ○…秋田県由利郡(現由利本荘市)の農家に生まれ、11人きょうだいの真ん中。子どもの頃は家の手伝い、下のきょうだいの面倒を見る日々だった。25歳の時、羽田の金属プレス加工会社に就職するために上京。定年退職までの30年間は会社人間で、外の世界とは無縁。隣に誰が住んでいるかも知らないくらいだった。さすがにマズイと思い、人の顔を覚えるために、地域の老人会に入り、他にも町内会など色々な活動に顔を出すようになった。

 ○…2015年に代表に就任し3年目。「まだまだ公園の存在を知らない人が多い。色んな人に来て楽しんでもらいたい」と話す。現在、会員は34人。今後の担い手が少ないことがもっぱらの悩みだ。「公園はタダで運動できる場だと思っている。散歩をするつもりで参加してもらいたい。そのついでにゴミ拾いもね」と参加を呼び掛ける。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

高田 健二さん

全日本ベテランテニス選手権の男子85歳以上ダブルスの部で優勝した

高田 健二さん

幸区神明町在住 85歳

10月15日号

中村 博基(ひろもと)さん

大師稲荷神社の宮司に就任した

中村 博基(ひろもと)さん

川崎区中瀬在住 41歳

10月8日号

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーを務める

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook