川崎区・幸区版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

海風の森をMAZUつくる会の代表を務める 小笠原由夫さん 川崎区追分町在住 88歳

好きな植物と共に生きる

 ○…「木の1年の変化、成長を見るのが楽しみ。家にいるより楽しい」。川崎の最東部に位置する川崎区市民健康の森「海風の森(浮島町公園)」を管理運営する「海風の森をMAZUつくる会」の代表を務める。園内草刈り、枝打ちなどの会の活動日は月に3日だが、加えて週に1度は公園に顔を出している。会として16年間の活動で97種、約7000本の木を植えた。自生の物を含めると現在127種類になる。「木の大きさはまだまだで、他区の市民健康の森に負けるが、種類の多さは一番じゃないかな」と胸を張る。

 ○…2001年の会の発足時からのメンバーだ。秋田県の農家出身で植物には興味があった。「故郷では知らなかった草木も多くて、木の名前を覚えることも楽しかった」。一番好きな木はヤブニッケイ。「東北にはなかった木で、匂いが好き。ミモザも好きで自分が代表になってから植えた」。公園に行かない日も、川崎駅前や、田島支所、大師支所などの花壇に自分たちで植えた花を見に行く。

 ○…秋田県由利郡(現由利本荘市)の農家に生まれ、11人きょうだいの真ん中。子どもの頃は家の手伝い、下のきょうだいの面倒を見る日々だった。25歳の時、羽田の金属プレス加工会社に就職するために上京。定年退職までの30年間は会社人間で、外の世界とは無縁。隣に誰が住んでいるかも知らないくらいだった。さすがにマズイと思い、人の顔を覚えるために、地域の老人会に入り、他にも町内会など色々な活動に顔を出すようになった。

 ○…2015年に代表に就任し3年目。「まだまだ公園の存在を知らない人が多い。色んな人に来て楽しんでもらいたい」と話す。現在、会員は34人。今後の担い手が少ないことがもっぱらの悩みだ。「公園はタダで運動できる場だと思っている。散歩をするつもりで参加してもらいたい。そのついでにゴミ拾いもね」と参加を呼び掛ける。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6件

菅野(かんの) 浩一さん

臨港消防署署長を務める

菅野(かんの) 浩一さん

5月18日号

村木 芳夫さん

夢見ヶ崎動物公園の園長に就任した

村木 芳夫さん

5月11日号

田中 信一さん

幸消防署長に就任した

田中 信一さん

5月4日号

伊藤 涼香さん

2018ミス・ユニバース・ジャパンで神奈川県代表としてトップ5に輝いた

伊藤 涼香さん

4月20日号

水谷 吉孝(よしゆき)さん

第20代川崎区長に就任した

水谷 吉孝(よしゆき)さん

4月13日号

本田 正男さん

子どもの貧困、ヘイトスピーチ問題などに取り組む

本田 正男さん

3月30日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

競技自転車で体験教室

競技自転車で体験教室

6月3日 川崎競輪場

6月3日~6月3日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク