川崎区・幸区版 掲載号:2018年7月13日号 エリアトップへ

若宮八幡宮 「夏詣」でまちおこし 「新たな習慣」定着に期待寄せる

社会

掲載号:2018年7月13日号

  • LINE
  • hatena
夏詣を行う若宮八幡宮の社殿(上)と夏限定の御朱印
夏詣を行う若宮八幡宮の社殿(上)と夏限定の御朱印

 夏の時期に神社・仏閣を参詣する「夏詣」が全国の神社、仏閣に広がりつつある。川崎市内で唯一、この取り組みに賛同するのが若宮八幡宮(川崎区大師駅前・中村博行宮司)だ。同神社は7月16日までを夏詣期間に設定。風習の定着化とまちおこしにつなげていきたいと語る。

 夏詣は5年前から浅草神社(東京都台東区)が提唱し、今年は全国約90の神社、仏閣が参画する。若宮八幡宮は今年初めて取り組みに参加。神奈川県内では同神社のほか、海南神社(三浦市)、富岡八幡宮(横浜市金沢区)の2社だけが参加しており、珍しい。

 半年の罪や汚れを祓う6月30日の「夏越/水無月の大祓」を起点に、1年の残り半分の無病息災を願い、新たな気持ちで神社・仏閣に参詣してもらうのが狙い。

 夏詣の期間設定は様々で、若宮八幡宮は、海の日までと定めた。期間中、神社境内には「夏詣」の文字が入った提灯を掲げ、ポスターを掲示し、「夏詣」と記された御朱印の授与を行う。

 まちおこしにもつなげていこうと、今月16日には同神社周辺で開かれるかわさき大師サマーフェスタ「大師名所めぐり クイズウォークラリー」にあわせ、チェックポイントの兼務社、賛同単立神社にも限定の御朱印を用意。神社境内ではオリジナルクラフトビール「かわさき夏詣エール」の販売も行い、川崎をPRする。同神社は「イベントを楽しんでもらいながら、『ニッポンの新しい習慣づくり』として定着させていきたい」と意気込みを見せる。

株式会社サニクリーン東京

【契約社員募集中】女性が大活躍中の職場です!お気軽にお問合せください

https://www.sanikleen-tokyo-recruit.info/contact.html

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

名物寄席、2年ぶり実施へ

幸落語研究会主催

名物寄席、2年ぶり実施へ 文化

プロアマ共演全7席

4月16日号

地域つなぐ種まきに

東田公園

地域つなぐ種まきに 社会

ヒマワリと紙芝居コラボ

4月16日号

親子カフェの灯消さない

幸区盛り上げ隊

親子カフェの灯消さない 社会

前オーナーの志を継承

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

インターアクト結成

市立川崎高校

インターアクト結成 教育

川崎RCがスポンサーに

4月2日号

コロナ対応に力点

川崎商議所新年度事業

コロナ対応に力点 経済

WEB上経営支援など10事業

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter