川崎区・幸区版 掲載号:2018年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

若宮八幡宮 「夏詣」でまちおこし 「新たな習慣」定着に期待寄せる

社会

夏詣を行う若宮八幡宮の社殿(上)と夏限定の御朱印
夏詣を行う若宮八幡宮の社殿(上)と夏限定の御朱印
 夏の時期に神社・仏閣を参詣する「夏詣」が全国の神社、仏閣に広がりつつある。川崎市内で唯一、この取り組みに賛同するのが若宮八幡宮(川崎区大師駅前・中村博行宮司)だ。同神社は7月16日までを夏詣期間に設定。風習の定着化とまちおこしにつなげていきたいと語る。

 夏詣は5年前から浅草神社(東京都台東区)が提唱し、今年は全国約90の神社、仏閣が参画する。若宮八幡宮は今年初めて取り組みに参加。神奈川県内では同神社のほか、海南神社(三浦市)、富岡八幡宮(横浜市金沢区)の2社だけが参加しており、珍しい。

 半年の罪や汚れを祓う6月30日の「夏越/水無月の大祓」を起点に、1年の残り半分の無病息災を願い、新たな気持ちで神社・仏閣に参詣してもらうのが狙い。

 夏詣の期間設定は様々で、若宮八幡宮は、海の日までと定めた。期間中、神社境内には「夏詣」の文字が入った提灯を掲げ、ポスターを掲示し、「夏詣」と記された御朱印の授与を行う。

 まちおこしにもつなげていこうと、今月16日には同神社周辺で開かれるかわさき大師サマーフェスタ「大師名所めぐり クイズウォークラリー」にあわせ、チェックポイントの兼務社、賛同単立神社にも限定の御朱印を用意。神社境内ではオリジナルクラフトビール「かわさき夏詣エール」の販売も行い、川崎をPRする。同神社は「イベントを楽しんでもらいながら、『ニッポンの新しい習慣づくり』として定着させていきたい」と意気込みを見せる。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

ジェノサイドの可能性警告

「8度目V」市民に誓う

東芝野球部

「8度目V」市民に誓う

7月6日号

助成に「所得制限なし」

小児医療入院費

助成に「所得制限なし」

7月6日号

災害時捜査に鳥の目

特養 申込窓口を一元化

川崎市

特養 申込窓口を一元化

6月29日号

カメラ効果で客引き減

川崎駅前仲見世通

カメラ効果で客引き減

6月22日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク