川崎区・幸区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

県政報告 大規模災害からの復旧・復興対策について 県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

 西日本豪雨により、各地で甚大な被害が発生いたしました。お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表し、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。神奈川県では、県警が広域緊急救助隊を広島県に、航空隊ヘリを岐阜県に派遣し捜索や救助に当たったほか、避難所の運営を支援するため、県の職員を岡山県高梁市に派遣しました。

 

 本県は東日本大震災でも土木、電気、一般事務など様々な分野で任期付職員を被災地に派遣し、復興を支援してまいりました。派遣職員の体験を伺うと改めて、復旧・復興の難しさを実感します。災害対策は、物資の備蓄や防災訓練などの事前対策、災害発生時の被災者の救助などの応急対策に目が行きがちですが、復旧・復興対策にも目を向け、しっかり取り組む必要があります。

 神奈川県は、全国でも数少ない「震災復興対策マニュアル」を作成し、復旧・復興に向けた手順や手法をまとめてきましたが、平成17年の策定からこれまで大きな見直しは行われていません。

 

 私は代表質問で、首都直下地震や南海トラフ巨大地震等の発生が懸念される中、復旧・復興対策の手順書となる「震災復興対策マニュアル」を見直す必要性を訴えました。

 知事は、今年度中に次の視点を踏まえて見直しをすると答えました。【1】平成17年以降に制定された復興交付金制度や復興法など、新たな制度をマニュアルに取り入れる。【2】復興に取り組んでいる自治体へのヒアリングなどを通じて、復興を担う人材をどのように確保するのかなど、様々な課題や教訓を整理し、マニュアルに反映させる。【3】派遣職員が被災者・被災地支援の経験を通じて得た、ノウハウなどもマニュアルに反映させる。

 万一の際、できるだけ速やかに復旧・復興が図られるよう「震災復興対策マニュアル」を充実し、災害に強いかながわを目指してまいります。

被災地へ派遣された職員が現地で業務を行う様子ため池の除染作業の模様(福島県南相馬市内)
被災地へ派遣された職員が現地で業務を行う様子ため池の除染作業の模様(福島県南相馬市内)

西村くにこ

横浜市中区日本大通り1番地

TEL:045-210-7630

http://xn--y8ji5e5170a8y9a.com/

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

危険!”歩きスマホ” 意見募集

市政報告

危険!”歩きスマホ” 意見募集

川崎市議会議員 山田えり

10月30日号

県営住宅の共益費、県が徴収を!

県政報告

県営住宅の共益費、県が徴収を!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

10月30日号

幸市民館!大ホール側トイレと舞台床令和3年度に改修工事を実施へ!

議場での質問、区民の声を届けた要望が実現へ! 市政リポート

幸市民館!大ホール側トイレと舞台床令和3年度に改修工事を実施へ!

川崎市議会議員 野田まさゆき 自民党

10月23日号

市立学校直結給水化へ!

市政報告

市立学校直結給水化へ!

みらい川崎市議団 たむら 京三

10月2日号

コロナ禍のインフルエンザ対策

県政報告

コロナ禍のインフルエンザ対策

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

9月25日号

65歳以上のインフル予防接種無料に

市政報告

65歳以上のインフル予防接種無料に

川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議団 林としお

9月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク