川崎区・幸区版 掲載号:2018年9月28日号 エリアトップへ

ディアナ 井上選手がデビュー30周年 後楽園ホールで記念大会

スポーツ

掲載号:2018年9月28日号

  • LINE
  • hatena
30年間女子プロレスを牽引してきた井上京子選手
30年間女子プロレスを牽引してきた井上京子選手

 川崎区日進町に練習拠点がある「ワールド女子プロレス・ディアナ」代表の井上京子選手が今年デビュー30周年を迎えた。10月7日には後楽園ホールで記念大会に臨む。

 30周年大会を開くにあたり、井上京子選手は全日本女子プロレス時代の約10年、NEO女子プロレス時代の約10年、ディアナで約8年試合を行ってきた中で関わってきた全ての人に声をかけたという。そのうちの15人がリングに上がり、一日タッグトーナメントを戦う。井上京子選手はデビュー戦で対戦した井上貴子選手とタッグを組む。先輩格のジャガー横田選手、神取忍選手、堀田祐美子選手も参戦。NEO時代の野崎渚選手、宮崎有妃選手とは7〜8年ぶりの顔合わせでプロレスファンにとっては垂涎ものの大会となりそうだ。

 井上京子選手にとって後楽園ホールは30年前の10月7日にデビューを果たした場所。その後もシングルトーナメントで優勝を果たしたほか、今でも語り継がれる試合を繰り広げた思い入れの深い聖地だ。無類の強さを誇ってきたが最近は若手が台頭。この夏にはシングルマッチでベルトを手放してしまった。「まだまだやれるぞというファイトを見せつける」とも意気込む。

 同団体は今年の初め、諸事情で練習拠点を殿町から日進町に移した。腰の落ち着かない日が続いたが、それでも周囲の温かいサポートがあり、道場内で定期的に試合が行えるようになった。一方で道場がある場所があまり知られていないため、認知度向上にも力を注ぐ。今後は若手レスラーを増やすため、キッズ&レスリング教室も定期的に実施する。

 30周年大会のチケットは若干残っているという。「子どもからお年寄りまで楽しめる本気、本物のプロレスがディアナ。30年やってきたことをリングで発揮したい」と井上京子選手は語る。チケットの問い合わせは、同団体(【電話】044・280・6437)。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

「ボラ経験なし」7割

幸区内高校

「ボラ経験なし」7割 社会

興味ありは半数強

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

夏の感動をもう一度

ミューザ川崎

夏の感動をもう一度 文化

ダイジェスト映像公開

9月17日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook