川崎区・幸区版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

川崎市出身Jリーガー 五輪代表も意識 川崎F 田中 碧(あお)選手に聞く

スポーツ

田中 碧 選手
田中 碧 選手

 昨年J1リーグ連覇を達成した川崎フロンターレ。リーグ3連覇と複数タイトルを狙う2019年は、川崎市出身の田中碧選手(20)に注目だ。昨年リーグデビュー戦でいきなり初得点を記録。1試合ながら先発フル出場も果たした。今年はオリンピック代表も意識し、更なる高みを目指す。

 宮前区出身の田中選手は、鷺沼小、有馬中から新城高校へ進み一昨年卒業。サッカーはさぎぬまSCで始め、フロンターレの下部組織で成長。17年シーズンにトップチーム昇格を果たした。しかしケガもあり、同シーズンはベンチ入りもなし。

 迎えた昨シーズンは、第26節の対札幌戦のアディショナルタイムに初出場。するとミッドフィルダーながら直後に見事デビューゴールを決めた。

 田中選手は「小さい頃から夢見た舞台で、しかも歓声がすごく、『やってやろう』という気になれた」と強い気持ちで臨んだという。ゴール後は「先輩たちが喜んでいるのでうれしくなった。皆が祝福してくれ、いつも見ていてくれたんだなぁと余計に喜びが湧いてきた」と笑顔満開。

 リハビリ中やベンチに入れなかった時期は、嫌になることもあったそうだが、「出ている選手との差を自覚できたので、割り切って向き合えた。その時期のトレーニングの成果が成長につながっていると思う」。

 休みの日は「ボーっとしている」とか。それも自身の中では、オン・オフの切り替えだと話す。

 「2連覇に自分は貢献していない。今シーズンは、リーグ3連覇、ACL、ルヴァンカップ、天皇杯の4つのタイトル獲得のために、自分の力を注いでいきたい。そうすれば五輪代表もみえてくると思う」。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

大谷康子さんが自伝出版

ヴァイオリニスト市民文化大使

大谷康子さんが自伝出版

1月18日号

大師エリアを英語で紹介

梯子の上で華麗な身捌き

福祉施設に寄贈

商工会議所女性会

福祉施設に寄贈

1月18日号

賀詞交換会

新年会

賀詞交換会

1月18日号

梅の写真を募集

幸区役所

梅の写真を募集

1月18日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク