川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

参院選 川崎・幸区でも島村氏トップ 現職4氏が議席守る

政治

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
当選確実が報じられ、花束を掲げる島村氏
当選確実が報じられ、花束を掲げる島村氏

 参議院議員選挙の投開票が7月21日に行われた。4議席を14人が争った神奈川選挙区は、自民党の島村大氏(58)が約91万7千票を獲得し、トップ当選。以下、立憲民主党の牧山弘惠氏(54)、公明党の佐々木さやか氏(38)、日本維新の会の松沢成文氏(61)が当選し、現職4人が議席を守った。川崎・幸区でも島村氏がトップで、両区あわせて約3万7千票を獲得した。

 トップ当選の島村氏は21日午後8時過ぎに早々と当確が報じられると、横浜市中区の選挙事務所で「社会保障制度の改革はライフワークで、公約として有権者一人ひとりに説明してきた。自民党のど真ん中で、与党の中で引き続き仕事をし、選んで良かったと思っていただけるような仕事をしたい」と抱負を述べた。

 前回は民主党で4位当選だった牧山氏。「2期12年間の実績と経験をもとに、3期目も精一杯皆様のために働かせて頂くことを誓います」とした。佐々木氏は「生活者の目線で、一人ひとりの声に耳を傾けた」と振り返った。6年前は2位当選だった松沢氏は今回、公示直前に希望の党を離れ、日本維新の会入り。「大変厳しい選挙戦だった。心から神奈川県民に感謝したい」と語った。

 県全体の投票率は48・73%で前回を6・73ポイント下回った。また、川崎区の投票率は43・85%で県内4番目の低投票率となった(前回比6・83ポイント減)。幸区は50・16%で前回比で6・44ポイント下回った。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

マリンバコンサート

コーナー開設期間を延長

マイナンバー設定支援

コーナー開設期間を延長 社会

12月28日まで

9月24日号

川崎図書館で「二ヶ領用水」展

南武線でクイズラリー

JR東日本

南武線でクイズラリー 社会

10月1日から11月7日

9月24日号

「特別自治市制度」学ぶ

「特別自治市制度」学ぶ 社会

川崎市議会が研修会

9月24日号

若さでまちづくりに邁進

若さでまちづくりに邁進 社会

川崎JC70周年

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook