川崎区・幸区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

知的障害のあるアーティストの活動拠点作りに取り組む 大平 暁(おおだいらさとる)さん 幸区小倉在住 48歳

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena

アートで共生社会目指す

 ○…知的障害のあるアーティストが創作活動に打ち込める活動拠点をコトニアガーデン新川崎にオープンさせようと準備を進め、クラウドファンディングにも挑戦中。11年前、幸区の障害者施設で障害のある人のアート活動のサポートを始めた。当初は余暇活動的なものだったが、参加人数が増え、作品のクオリティーも上がってきたことから、3年前に施設活動から独立し、「studio FLAT」を設立。「作品で収益を得る就労としてのアート活動を目指したい」と意気込む。5月には活動を事業化するためにNPO法人資格も得た。

 ○…保育園のころから絵を描くことが好きで、小学校の卒業文集で美大に行って美術の仕事に就くと書いた。自分が何をしたいのかよく見えていなかった高2の時、美術予備校の夏期講習に参加した。周りの上手さに自信を喪失したが、それ以上に楽しくて3年生から通い始め、美大を目指した。当初は東京芸大しか受験せず、浪人を繰り返し、5年目に多摩美術大学に進学。高校卒業後、実家を出て、アルバイトをしながらの浪人生活。板橋区の家賃2万円の風呂なしアパートでの生活は、「近所に予備校仲間も多く、夢を語り合う生活は、まるで『トキワ荘』のようで楽しかった」

 ○…川崎区藤崎出身。家族は予備校時代からの付き合いの妻、長男(小2)、長女(3)。実家を出てから子どもが生まれるまで川崎に戻る気はなく、ラゾーナ川崎ができたことさえ知らなかった。

 ○…今作ろうとしている拠点にはギャラリースペースを設け、作品を常設して販売したり、地域にも開放するつもりだ。「一般の方との交流や収入も生まれ、地域支援活動にもなると思います」。障害のあるなしにかかわらず誰でもが交流できる共生社会を目指す。
 

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

梅本 誠さん

エンタメ集団「川崎セブンスター」の代表を務める

梅本 誠さん

川崎区中瀬在住 63歳

10月22日号

高田 健二さん

全日本ベテランテニス選手権の男子85歳以上ダブルスの部で優勝した

高田 健二さん

幸区神明町在住 85歳

10月15日号

中村 博基(ひろもと)さん

大師稲荷神社の宮司に就任した

中村 博基(ひろもと)さん

川崎区中瀬在住 41歳

10月8日号

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook