川崎区・幸区版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

不登校の当事者やその保護者に向けたイベントを8月に主催した 畑 智晃さん 幸区南加瀬「寂光庵」僧侶 39歳

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena

居場所無き人迎え入れる

 ○…夏休み明けの子どもの自殺を防ごうと、不登校の当事者やその保護者たちが交流できるイベント「不登校は不幸じゃない」。発起人を筆頭に全国各地の有志により開かれたイベントの「当事者たちにとっての居場所が生まれる」という部分に賛同し、昨年に引き続き川崎会場を主催した。2回目の開催となる今年は、当事者や経験者同士の座談会、「笑いを活力にしてほしい」とプロ落語家による落語の披露などの催しを用意した。

 ○…横浜市鶴見区出身。人間関係や学業が上手くいかず、小学5年の2週間と、中学1年の3学期以降不登校になった。準引きこもりだった14歳のとき、自分と同い年の中学生が自殺したことをテレビで見て衝撃を受けた。「自分がそうなっていたかもしれない」。信仰心の厚い家庭で育ち、幼少の頃から経が読めたことから、彼に思いを馳せて読経したという。17歳の時リハビリにと始めたアルバイトを通して、徐々に外出にも慣れていった。

 ○…2015年、一般家庭から出家し、現在幸区南加瀬「寂光庵」の僧侶としていじめによる自殺や不慮の事故などで亡くなった児童生徒を供養している。「悲しい気持ちを持って逝った人の魂を慰めることで、今同じ境遇を生きる子たちを見守ってほしいという思いでお祀りしている」

 ○…介護事業の代表理事として働く。不登校児に限らず、介護や発達障害に悩む人などの息抜きの場として「ケアラーズカフェすまいる」を月1回開催。「安らかな気持ちになれるのがその人にとっての居場所。生きづらさを抱える人たちにとって、居場所と呼べる場所を作れれば」と語る。コミュニケーションの勉強にと始めたクラウン(道化師)芸歴は8年目。「人を楽しませるのが好き」と陽気な一面も見せる。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

石塚 昌夫さん

交通遺児チャリティー「つくし会」の代表を務める

石塚 昌夫さん

幸区南加瀬在住 60歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

山田 隆さん

川崎臨港警察署長として陣頭指揮を執る

山田 隆さん

川崎区富士見在住 57歳

10月25日号

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

日蓮宗 了源寺の住職に就任した

永田 行雄(ぎょうゆう)さん

幸区北加瀬在住 49歳

10月18日号

吉原 崇徳さん

川崎区・幸区で小学生の学習サポートを行う「つばき学習会」の代表を務める

吉原 崇徳さん

市内小学校勤務 28歳

10月11日号

清水 昭人さん

9月5日付で川崎警察署長に着任した

清水 昭人さん

幸区在住 58歳

9月27日号

赤根 広志さん

若宮八幡宮で「OYASHIROFES」を企画する

赤根 広志さん

川崎区出身 39歳

9月20日号

9月5日不動産フェア2019

宅建チャリティ寄席@エポック中原

http://www.kawasaki-naka.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク