川崎区・幸区版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

「かながわ駅伝」1区で区間賞を取った 服部 由弥(ゆうや)さん 市立塚越中学校3年 15歳

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena

”闘走心”で夢かなえる

 ○…「区間賞を取れたことは個人的には嬉しいが、駅伝はチームなので2位に終わったことは悔しい」と大会を振り返る。今月9日、秦野市などで行われた「第74回市町村対抗かながわ駅伝」で、川崎市代表チームの1区(3Km)を走り、8分52秒の快走をみせた。

 ○…陸上を始めたのは小学1年生。幼稚園で走ることに興味を持ち、小学生になったのを機に地域の陸上クラブに入会。当時から勝つ事へのこだわりが強く、2年生でより本格的に陸上競技をやりたいと思い、別のクラブに変えた。中学に入ってからはトラック競技の800m、1500mと駅伝に取り組む。トラックではスタートダッシュでレースを引っ張り、最後に抜かれそうになっても小学生の頃に100mで鍛えたスピードでかわすレース展開が得意だ。駅伝はチームメイトに恵まれ、その思いが込められた襷をつなぐことで実力以上の走りができるところが好きだ。

 ○…趣味は日本の城めぐり。名古屋城、松本城、姫路城、犬山城、彦根城などがお気に入り。「昔のままの形で歴史を感じるのとスケールの大きさが魅力的」。部活が休みの日には友だちと買い物に行ったり、ゲームなどをして過ごす。ラゾーナがお気に入りスポットだ。軽く筋トレなどはするが、メリハリはしっかりと付けるようにしている。

 ○…卒業を控え、後輩に「強いだけでなく、人間的にも応援されるチームになって欲しい」とエールを送る。春には法政二高に進学。「手を抜かない、妥協しない」をモットーに練習に取り組み、次のかながわ駅伝でも代表に呼ばれるようにレベルアップをはかる。「陸上をやるからには箱根駅伝を走りたい。そのために高校でも活躍したい」と意気込む。
 

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

小松崎 将和さん

川崎港郵便局長を務める

小松崎 将和さん

川崎区東門前在住 55歳

6月18日号

神尾 香澄さん

川崎競馬所属では3人目の女性騎手で5月26日に初勝利をあげた

神尾 香澄さん

幸区小向仲野町在住 19歳

6月11日号

青山 正彦さん

女性活躍を推進する(株)ユーフォリアファミリーの代表を務める

青山 正彦さん

川崎区小田栄在住 64歳

6月4日号

岩川 舞さん

幸区SDC「まちのおと」でコーディネーターを務める

岩川 舞さん

幸区鹿島田在勤 43歳

5月28日号

原 達芳さん

神奈川県行政書士会川崎南支部の支部長に就任した

原 達芳さん

川崎区渡田新町在住 50歳

5月21日号

小松原 徹さん

4月17日付けで川崎消防団団長に就任した

小松原 徹さん

川崎区旭町在住 73歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter