川崎区・幸区版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

中川部屋力士 南加瀬出身 旭勇幸(きょくゆうこう)が誓う

スポーツ

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena
稽古場に立つ旭勇幸
稽古場に立つ旭勇幸

 大相撲初場所で優勝争いを演じた幸区南加瀬出身の序二段・旭勇幸が3月8日から始まる大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)を前に、活躍を誓った。

 先場所は序二段84枚目で7戦全勝し、優勝決定戦まで進出した。決定戦では惜しくも敗れたものの「入門以来の好成績。次につながる場所になった」と手ごたえを感じた様子だ。

 実家は中川部屋と目と鼻の先にある南加瀬2丁目にあり、顔見知りも多い。市立夢見ケ崎小学校、市立南加瀬中学校を卒業し、県立向の岡工業を経て、2013年に角界入りした。入門後は幕下58枚目まで地位を挙げたが、高校時代に負った足首のケガの古傷が再燃。手術を行い2場所休場して初場所に臨んだという。

 場所中はケガに気を付け、下半身を意識して土俵に上がったという。気が付けば、7戦全勝。優勝決定戦では、元幕内の宇良と対戦した。「幕内経験者だけに動きの速さが違った。立ち合いも低く、潜り込まれてしまった」と力の違いを痛感した。それでも、「この取り組みの経験は大きい」と力を込める。優勝決定戦は千秋楽の十両の取組終了後に行われ、熱気も特別だったという。大勢の観衆の前での相撲は緊張したが、「またあの雰囲気の中で相撲がしたい」と意欲をみせる。

 旭勇幸の活躍は「部屋の雰囲気も変えた」と中川親方は語る。「優勝決定戦に進出したとき、力士たちは皆うらやましがっていた。こういう空気が出てくれば、部屋の中から強い力士も出てくる」と話す。

 手ごたえを感じた一方で下半身のもろさの克服は課題だ。中川親方からは「左まわしをとれば相撲になる」といわれており、磨きをかけて得意な形にしていきたいとも。高見盛(東関親方)のように一番一番気持ちの入った取り口ができるのが目標。今年は、幕下まで地位を戻し、さらに上を目指していきたいとも語った。

2月17日起稿

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

8月減、過去10年で初

川崎市人口

8月減、過去10年で初 社会

コロナ影響か

9月25日号

今年も「はいさい!」

今年も「はいさい!」 文化

チケットは全日完売

9月25日号

飯島さん、かわさきFM出演

30日

飯島さん、かわさきFM出演 文化

テーマは「市役所前バス停」

9月25日号

口腔がん「早期発見を」

口腔がん「早期発見を」 社会

市歯科医師会が無料検診

9月25日号

魚拓名人は釣り名人

魚拓名人は釣り名人 社会

幸区在住 北堀忠作さん

9月25日号

緑地活用アイデア募集

緑地活用アイデア募集 社会

市、イベントで試行も

9月25日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク