川崎区・幸区版 掲載号:2020年4月24日号 エリアトップへ

今月付で川崎消防署長として就任した 杉山 哲男さん 中原区在住 54歳

掲載号:2020年4月24日号

  • LINE
  • hatena

マインドは「経営者」

 ○…「消防行政にも民間の経営者目線が必要」と話し、同署138人をまとめ上げるリーダーとして組織力の向上に励む。そのためには署員一人ひとりに組織の一員であることを自覚してもらい、「建物の地下化や大規模地震、風水害など、現代の消防を取り巻く環境の変化を認識してもらうことが大切」と話す。消防署員に肝要なのは「先人の教えに学ぶこと」といい、当直の現場や消防局の広報など幅広い業務で得た経験や、先輩職員から学んだ災害対応のノウハウを「今度は自分が伝えていきたい」

 ○…1986年に入局。幸、宮前署で特別救助隊に配属され、東名高速道路で発生した事故や、高津区で発生した崖崩れの救出にあたった。川崎、臨港署を経て、消防局の広報担当を経験。「テレビ、新聞などのメディア対応をさせてもらい、外部との情報連携の重要性も学べた」。その後人事課長を務めるなど、様々な部署を経験したことで組織の全体像を俯瞰する視点を持てた。

 ○…格闘技観戦が好きで、興行に行ったり、テレビでプロレスやボクシングを見るのが趣味。最近はキムチ造りに凝っており、キムチの素のヤンニョムも一から作る。「魚醤や塩辛を入れたりして。お店の味に近づいてたらいいな」。妻が作る自家製ピザやパンを食べるのも楽しみ。

 ○…「緊急事態宣言が出されている中、より市民の方々が安全で安心して暮らせるよう地域防災力を高める必要がある」と力を込める。川崎駅付近を中心に、商業施設、地下街、多摩川、高層ビルや住宅街など様々な地域特性がある管内を守るには「市民目線の防災が不可欠」と話し、「川崎署として、町内会や区役所、警察などの関係機関とも連携した消防行政を展開していく」と語る。

株式会社サニクリーン東京

【契約社員募集中】女性が大活躍中の職場です!お気軽にお問合せください

https://www.sanikleen-tokyo-recruit.info/contact.html

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

武内 康平さん

3月にボッチャ東京カップ2021で優勝した「川崎ボッチャーレ」メンバーの

武内 康平さん

幸区役所勤務 27歳

4月16日号

増田 宏之(あつし)さん

第21代川崎区長に就任した

増田 宏之(あつし)さん

東京都大田区在住 58歳

4月9日号

小林 雅代さん

平間中学校区地域教育会議主催の卒業記念花火大会実行委員長を務めた

小林 雅代さん

幸区古市場在住 37歳

4月2日号

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

60年代のグループサウンズ人気を牽引した「ザ・ワイルドワンズ」のドラムスを務める

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

県立川崎高校出身 73歳

3月26日号

片岡 一則さん

「体内病院」の研究リーダーを務める

片岡 一則さん

ナノ医療イノベーションセンター長 70歳

3月19日号

白石 裕子さん

発達障害のある子どもを持つ保護者で作る「星の子フレンズ」代表を務める

白石 裕子さん

川崎区大師本町在住 47歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter