川崎区・幸区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

9月3日から7日 「鳥取の特産品を味わって」 アゼリアで物産展

経済

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
名産品を手にPRする谷長正彦鳥取県東京本部長
名産品を手にPRする谷長正彦鳥取県東京本部長

 鳥取県が市内で初めての物産展「食のみやこ 鳥取物産展」を9月3日から7日までの5日間、川崎駅地下街アゼリアで開く。

 今年1月、市が川崎ものづくりブランドに認定されている(株)ミートエポック(多摩区)の熟成食材製造用シート「エイジングシート」を同県に紹介したのが交流の始まり。鳥取県はシカやイノシシといったジビエ肉の利用量が全国で3番目の規模を誇る。やり取りの中で「鳥取の美味しいものを川崎市民の方々に知っていただき、興味をもってもらいたい」という鳥取県側の思いに市が応え、物産展が実現した。

 鳥取県は『ゲゲゲの鬼太郎』の作者、故水木しげるさんや『名探偵コナン』の作者、青山剛昌さんらを輩出したマンガ王国で日本一の生産量を誇る二十世紀梨を中心としたナシの一大産地。川崎市も川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムなどマンガと縁があり、長十郎梨の発祥地で多摩川梨が知られる。「物産展を通じ、一人でも多くの市民に笑顔を届けられたら」と田村豊川崎市東京事務所長は期待を寄せる。

 物産展は「二十世紀梨」や同県のオリジナルブランド「新甘泉(しんかんせん)」など約200のアイテムを販売予定。ベニズワイガニのかにみそを使ったバーニャカウダ、鳥取砂丘で生産された「砂丘らっきょう」、オリジナル品種米「星空舞(ほしぞらまい)」、酒米「強力(ごうりき)」を使った日本酒、「北条ワイン」といった現地で知られる名産品も並ぶ。谷長正彦鳥取県東京本部長は「鳥取の特産品を味わっていただきたい。観光パンフレットも取り揃えているので、コロナ禍が落ち着いた際には訪れていただきたい」と語る。

 期間中の開催時間は午前11時から午後7時、最終日は午後6時まで。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

住宅地、回復傾向に

川崎区・幸区基準地価

住宅地、回復傾向に 社会

ともに1%超 上昇

10月15日号

地域団体 展示で紹介

地域団体 展示で紹介 文化

29日、30日 プラザ祭り

10月15日号

「言葉・書」自分らしさ表現

秋水書道会

「言葉・書」自分らしさ表現 文化

ミューザ川崎で書展

10月15日号

3選手に市特別賞

富士通レッドウェーブ

3選手に市特別賞 スポーツ

バスケ史上初の「銀」で

10月15日号

公共施設に生理用品

川崎市

公共施設に生理用品 経済

民間が協力、個室で提供

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook