川崎区・幸区版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

川崎発祥 香辛子の普及が加速 レシピコン開催へ

社会

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
香辛子をアピールする岩さん
香辛子をアピールする岩さん

 川崎生まれの新種の唐辛子「香辛子(こうがらし)」の普及が加速している。現在市内50軒の農家で生産されており、今年は2〜3トンの収穫が見込まれる。今夏には川崎大師の老舗蕎麦屋2店が商品化。一般消費者への認知を図ろうと、卸業者はレシピコンテストを企画。市は販売拠点づくりも視野に入れる。

 辛みが少なくフルーティーな香りが特徴の香辛子。今回の商品化は表参道・川崎大師 松月庵の「あせっかきカレー南ばん」と、仲見世通り・蕎麦膳 はやまの「川崎産香辛子と夏野菜の天ぷら」。川崎区、幸区内ではこれまでに「おつけもの慶(kei)」「川崎日航ホテル」「まんまmiyu」「アジ庵美味1・2・3」「うしこぞう」「ロコスタイル鹿島田店」が活用してきており、今回の採用で8店舗となる。

 和カフェダイニング・まんまmiyu(幸区・市産業振興会館内)の岩篤志(いわあつし)さんは香辛子に魅了され、今では卸売りも手掛け、4店舗に納品する。一般の人にも知ってもらいたいと、レシピコンテストの開催も考えているという。応募されたレシピを岩さんが代理で調理し、生産者などの審査員に事前に実食してもらい、オンラインで審査を行う方法で収穫期内の11月開催を目指す。「川崎南部ではまだあまり認知されていないのが現状。辛くないのに香りがいい。多くの人にこの野菜を知ってほしい」と意気込む。

 市の担当者は「今年になり収穫量は安定したが、流通が課題。まず知っている人を増やすためと、今はまだ一般の人が買える場所があまりないので、販売拠点を作りたい」と話す。また今年中に活用店も今の倍くらいまで増やしたいとの認識を示した。

 香辛子は2018年10月に味の素の研究所(川崎区鈴木町)で開発された。市は昨年8月から飲食店、食品加工会社、ホテルなどに出向き、サンプルを提供したりパンフレットを作成するなど普及促進に取り組み、これまでに飲食店で20件活用、食品加工で3件商品化されている。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

「やってみたい」後押し

NPO団体

「やってみたい」後押し 社会

東田公園活用で地域つなぐ

10月23日号

「紙ねんど」で文具大賞

「紙ねんど」で文具大賞 社会

久保田社長、喜び語る

10月16日号

「違法駐輪」に困惑

銀柳街

「違法駐輪」に困惑 社会

駐輪場移設が影響か

10月16日号

初の機能別団員 誕生

川崎消防団

初の機能別団員 誕生 社会

大規模災害など活動限定

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 経済

市、税収流出に歯止め

10月9日号

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク