川崎区・幸区版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

「もとき食堂」を立ち上げた元木1・2丁目町内会の会長を務める 飯島 元和さん 元木2丁目在住 68歳

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena

ほとばしる「元木愛」

 ○…「カレーライスの日」と名付けて、9月27日に初開催したもとき食堂。コロナ禍であっても、外に出て交流してもらいたいと始めた。「子どもからお年寄りまで、たくさんの人が来てくれた。みんなおいしそうに食べてくれたよ」と手応えも感じたよう。開催に至るまで協議を重ね、町内会でチームワークよく取り組んできた。次回の開催も決まり、これからまた忙しくなりそうだ。

 ○…「人と人のつながり」の輪を広げようと、もとき健康道場を2年前に立ち上げた。ウォーキング・お茶会、ストレッチ、グラウンドゴルフなどを毎週行っている。「イベントがないと人は出てこない。運動やコミュニケーションを通して、健康寿命を延ばしたい」と話す。毎週20人近くが参加しており、和気あいあいと過ごす姿が見られるという。「元木をもっといい町にしたい」。思いが溢れる。

 ○…元木で生まれ育つ。名前の「元和」は「元木で平和に暮らしてほしい」との思いが込められている。町内の平和を願いながら、子ども会育成会や青少年指導員、少年補導員などさまざまな地域活動を行ってきた。63歳のとき、中小企業の融資のサポートを行う神奈川県信用保証協会の常務理事を退任したことを機に、町内会長に着任。「仕事でずっと総務や企画の仕事をしてきたから、規定を作ったり、イベントを企画するのは得意分野」と笑う。

 ○…昔から多摩川が好きで、今でも小学3年生の孫娘とサイクリングに出かけることも。大師方面から巡ることもあり、市内の街並みを楽しむ。「いろんな経験をさせてあげたい」と孫への思いを語るが、それは地域の子どもたちにも同じ気持ちだ。元木をより良くするため、奔走する日々は続いていく。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

中谷(なかや) 和俊さん

介護福祉フェス実行委員長を務める

中谷(なかや) 和俊さん

川崎区藤崎在住 41歳

12月3日号

渡部 堅三さん

川崎地域連合の議長に就任した

渡部 堅三さん

川崎区在勤 60歳

11月26日号

明石 洋子さん

【Web限定記事】川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

11月19日号

兼頭(かねとう) 智子さん

川崎南税務署長として納税推進の旗振り役を務める

兼頭(かねとう) 智子さん

川崎区榎町在勤 60歳

11月12日号

SATO YURIさん(本名:佐藤友梨)

ビューティージャパンファイナリストとして日本大会に臨む

SATO YURIさん(本名:佐藤友梨)

幸区在住 

11月5日号

浦野 一吉さん

全国防犯協会連合会防犯栄誉銅賞を受賞した

浦野 一吉さん

川崎区池上新町在住 73歳

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook