川崎区・幸区版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

鉄道のまち感じて 幸区役所がイベント

文化

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena
12分の1スケールの電気機関車
12分の1スケールの電気機関車

 幸区役所の今年度の新規事業である鉄道に焦点を当てた取り組みが10月から始まる。幸区内の鉄道ビュースポットを巡るモバイルスタンプラリーや鉄道ミニイベントを開く。

 幸区には、貨物列車、横須賀線、湘南新宿ラインが往来する新鶴見信号場や新川崎駅をはじめ、新幹線が走行する風景を見下ろせる夢見ヶ崎動物公園のデッキなど鉄道ビュースポットが数多くある。また、新鶴見信号場はかつて新鶴見操車場として京浜地区の貨物輸送の大動脈でもあった。「イベントを通じて、幸区の鉄道のビュースポットや歴史を知ってほしい」と同区役所職員は力を込める。

 「鉄道でハグくむ幸2020」と銘打ったスタンプラリーは10月10日から11月24日まで実施。14カ所のスタンプポイントを設け、スマートフォンでスタンプを獲得する。5カ所集めた人は抽選でプレゼント。3カ所集めて応募するとノベルティーグッズが先着でもらえるコースもある。フォトコンテストも同時開催し、ビュースポットで撮影した写真を募集する。

 鉄道イベントは10月10日、幸区役所で開催。NゲージやZショーティーといった鉄道模型や地域内の鉄道にまつわる写真パネルを展示する。市立総合科学高校電子機械科の卒業生が3Dプリンターを使って12分の1スケールでつくりあげた「桃太郎」と呼ばれる電気機関車EF210系に模した車両も登場。「忠実に再現した技術力にも注目してもらいたい」と同区役所職員は語る。

 スタンプラリーは子育て関連施設や公園を巡るルートもある。

 詳細は、同区役所ホームページ参照。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

人権の大切さ訴え

オンブズパーソン

人権の大切さ訴え 教育

南河原中で「子ども教室」

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook