川崎区・幸区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 さようなら、185系特急「踊り子号」 40年の歴史に幕 JR東日本ダイヤ改正で

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
多摩川見晴らし公園から見る踊り子号=画像提供・鉄道新聞
多摩川見晴らし公園から見る踊り子号=画像提供・鉄道新聞

 JR東日本の3月ダイヤ改正にあわせ、首都圏と伊豆を結ぶ特急列車として運行してきた185系特急電車「踊り子号」が3月12日で引退する。

 引退前にその姿をもう一度見ておきたければ、幸区の「多摩川見晴らし公園」「矢向踏切」がおすすめ。インターネット新聞「鉄道新聞」編集長の福岡誠さんによると、特に矢向駅は車通りが多いので撮影場所には不適だが、後方に広めの歩道があるのでビュースポットとしては最適だという。

最後の国鉄形特急車両

 踊り子号は1981年10月1日にデビュー。それまでの急行「伊豆」と特急「あまぎ」に代わって公募で「踊り子」と名付けられた。ヘッドマークは川端康成の小説「伊豆の踊子」のヒロインをモチーフとした少女の横顔。国鉄時代の特急電車の乗降用ドアは1車両に1カ所だったが、185系は普通車の車両は両端に2カ所、ドア幅は標準の700mmよりも広く1000mmで、乗降がスムーズに行え、大きな荷物やスーツケースの持ち込みにも最適だった。また従来の特急電車の窓は固定窓だったが、185系は開閉式だった。普通車の窓枠は銀色だがグリーン車はレモンゴールド色で分けられていた。

 福岡さんは「JR東日本最後の国鉄形特急車両として真っ白なボディに緑のストライプ模様でモーター音を唸らせながら駆け抜ける姿は存在感があった。定期運行からの引退は一つの時代に終わりを感じる」とコメントした。

株式会社サニクリーン東京

【契約社員募集中】女性が大活躍中の職場です!お気軽にお問合せください

https://www.sanikleen-tokyo-recruit.info/contact.html

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

市立小学校8校で新入学児童に交通安全呼びかけ

【Web限定記事】

市立小学校8校で新入学児童に交通安全呼びかけ 社会

川崎区中央地区交通安全母の会がキャンペーン

4月16日号

篠山選手 2千得点

【Web限定記事】川崎BT

篠山選手 2千得点 スポーツ

B1通算、とどろきで達成

4月16日号

特殊詐欺を未然に防いだ2人に川崎警察署が感謝状贈呈

事故ゼロめざし、啓発

事故ゼロめざし、啓発 社会

春の交通安全運動

4月16日号

初めてのラグビー体験

初めてのラグビー体験 スポーツ

4月24日、富士通スタで

4月16日号

「上乗せ徴収」基準示す

「上乗せ徴収」基準示す 社会

市、認可園に通知

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter