川崎区・幸区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

フラワーデモ川崎 性暴力根絶へ 地元から 市内初、「ともに寄り添う」

社会

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena
当日掲げられたプラカード
当日掲げられたプラカード

 花やプラカードを手に、性暴力撲滅などを訴える「フラワーデモ」。全国的に広がりを見せるなか、地元からも声をあげようと川崎区在住の菊田由佳さん(49)は昨年末、子育て中の友人ら5人と「フラワーデモ川崎」を立ち上げた。3月11日にはJR川崎駅東口で、市内で初めて開催。菊田さんは「自分も人も大切にできる川崎に」と思いを込める。

 2019年に続いた、4件の性暴力事件無罪判決を機に、不当判決と性暴力への抗議の意を込めて、東京都内で始まったフラワーデモ。1年間で47都道府県に運営組織が発足し、またたく間に全国に広がった。県内では横浜、県西部で実施されているが、市内では初。

 発起人の菊田さんは、初期から東京のデモに参加。当事者の声を聞くうち、「性暴力は身近で起こる。自分事としてとらえ、動かないと」と実感したという。「自分の子どもが成長していく地元でやりたい」と友人に声をかけ、6人で準備を進めてきた。

 当日は32人が参加。「あなたとともに#With You」と書かれ、多言語で訳が添えられたプラカードや色とりどりの花が会場を埋めた。参加者の一人は妊娠中、相手男性から「おなかが気持ち悪い」と心無い言葉を浴びせられた。認知も得られない現状に、「私も、子どもも悪くない」と思いを伝えるプラカードを掲げた。運営メンバーの一人で川崎区在住の井口幸子さん(39)は「これまで思いを吐き出せず、身動きが取れずにいた方が、こうして一歩踏み出した。大きなきっかけとなったのでは」と振り返る。

あらゆる差別の撲滅を

 「性暴力の根源は女性蔑視。あらゆる差別を地元からなくしたい」と菊田さん。差別禁止条例の制定後も市内で繰り返されるヘイトデモに対し、「人としての尊厳は必ず守られるべき。ヘイトスピーチも、花で凌駕したい」と力を込める。井口さんは「黙っているしかない社会は変えなければならない。苦しんでいる人を見過ごす自分にはなりたくない。ともに寄り添い、一人じゃないと思えるきっかけになれば」と話した。フラワーデモ川崎は今後、毎月11日に開催。次回は4月11日(日)、川崎駅東口で午後5時開始を予定。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

人権の大切さ訴え

オンブズパーソン

人権の大切さ訴え 教育

南河原中で「子ども教室」

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook