川崎区・幸区版 掲載号:2021年5月21日号 エリアトップへ

神奈川県行政書士会川崎南支部の支部長に就任した 原 達芳さん 川崎区渡田新町在住 50歳

掲載号:2021年5月21日号

  • LINE
  • hatena

人のため、地域のため

 ○…「中小企業を支援し、川崎市の地域経済発展に貢献する。区役所での無料相談で質の高いサービスを提供して市民の皆さんのお役に立つ」。支部長就任のあいさつで力強く語った。高齢者サポート、事業承継を2本柱に会員142人の先頭に立つ。

 ○…大学卒業後、3年会社勤めをした後、親戚の土地家屋調査士のもとでアルバイト。業務で弁護士、税理士など様々な法律の専門家と関わる中で、『街の法律家』として身近な行政書士に興味を持ち、資格を取って2010年に開業した。相続・遺言、各種許認可申請、法人設立、補助金申請など多岐にわたる業務の中で、遺言・相続を得意とする。煩雑な相続の手続きに不安を感じている人の役に立てた時に感じる充実感が仕事の醍醐味だという。

 ○…生まれも育ちも川崎区渡田新町。引っ込み思案な子どもだったが小学5・6年生の担任、古川正孝先生に出会い変わった。厳しく哲学的なことをいう人で、「人間で一番大事なのは心」の言葉が今も胸に残る。積極的に生きなきゃだめだと思うようなった。日々の生活で大事にしているのは中国古代の思想家・孔子の「己の欲せざるところは人に施すことなかれ」の言葉。仕事においても私生活においても常に思いやりと気遣いをもって接することを意識してきた。

 ○…川崎南支部の特徴は団結力。研修会やイベントなどで横のつながりを作り、若手のフォローや、仕事の紹介などをすることで、団結を強めてきた。個々の仕事の充実がひいては市民サービスにつながる。「さらに団結を強固にするために研修会を新人だけでなく中堅、ベテラン会員も参加してもらえるような、充実した内容のものにしていきたい」と意気込む。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

市川 和裕さん

稲毛神社の宮司に6月1日付けで就任した

市川 和裕さん

川崎区宮本町在住 50歳

7月23日号

五十嵐 努さん

太鼓指導、子ども食堂などさまざまな活動で地域の子どもを見守る

五十嵐 努さん

幸区戸手本町在住 71歳

7月16日号

増田 敏雄さん

国際ロータリー第2590地区第1グループガバナー補佐に7月1日付けで就任した

増田 敏雄さん

川崎区大島在住 57歳

7月9日号

加藤 満治さん

6月30日付で幸区社会福祉協議会会長に就任した

加藤 満治さん

幸区小倉在住 81歳

7月2日号

磯崎 正彦さん

第71代川崎駅駅長を務める

磯崎 正彦さん

厚木市在住 60歳

6月25日号

小松崎 将和さん

川崎港郵便局長を務める

小松崎 将和さん

川崎区東門前在住 55歳

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter