川崎区・幸区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める 向坂(さぎさか) 光浩さん 多摩区在住 60歳

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena

にじみ出る生真面目さ

 ○…これまでアゼリアは買い物客として利用する場所だったが、6月に社長に就任して見える景色が変わった。長年勤めた市役所職員から一転、畑違いの仕事に戸惑いもあるが、川崎駅東口の「顔」をどう活性化させるかが課せられた役割だと自覚する。「アゼリアの歴史をひもとき、地下街についてや、会社法の基礎を一から勉強中」と研さんの日々が続く。

 ○…本格的な台風シーズン到来を前に気をもむのは水害対策。一昨年の東日本台風の時に浸水被害にあった市民ミュージアムを所管する市民文化局長として対応した。痛感したのが、起きてしまった後、いかに復旧していくかの計画を作っておくことの必要性。「アゼリアは水が溜まってしまう場所。その対処を考えておく必要がある」と気を引き締める。

 ○…静岡県で生まれ、多摩区宿河原で育った。今も同じ場所に妻、母親、姉家族と一緒に住む。小学校時代の遊びはもっぱら河川敷での野球。中高時代は部活動で卓球に励んだ。スポーツ観戦が趣味で、オリンピック、パラリンピックが終わり、ロス状態だという。オフィシャルスポンサーにもなっている川崎フロンターレが好きで試合もよく見に行く。

 ○…公務員時代から心がけてきたのは「仕事は楽しく、チームワークですすめていく」ということ。コロナ禍でアゼリアも大きなダメージを受けた。いま買い物客に来てもらうためには、テナントに元気になってもらわなければならない。テナントを支えていくうえで大事なのは信頼関係を築くこと。そのために、各店との情報交換を密にしている。社員には、この危機を乗り越えるには「皆で同じ方向を向いてやっていくことが必要だ」と説き、陣頭指揮を執る。

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

梅本 誠さん

エンタメ集団「川崎セブンスター」の代表を務める

梅本 誠さん

川崎区中瀬在住 63歳

10月22日号

高田 健二さん

全日本ベテランテニス選手権の男子85歳以上ダブルスの部で優勝した

高田 健二さん

幸区神明町在住 85歳

10月15日号

中村 博基(ひろもと)さん

大師稲荷神社の宮司に就任した

中村 博基(ひろもと)さん

川崎区中瀬在住 41歳

10月8日号

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook