川崎区・幸区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

川崎市長選 福田氏、46万票超で3選 歴代最多票 新人2氏破る

政治

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena
事務所で支援者から花束を受け取る福田氏
事務所で支援者から花束を受け取る福田氏

 任期満了に伴う川崎市長選挙が10月31日に投開票され、無所属で現職の福田紀彦氏(49)が、いずれも無所属新人の川村るみ子氏(42)と市古博一氏(73)を破り、3選を果たした。得票数は前回比約6万票増の46万票超で、歴代最多となった。前回同様、衆院選と同日選となった今回の投票率は57・7%で、前回比5・4ポイント増だった。

 今回の市長選は、コロナ対策や再開発・インフラ整備のあり方、市の財政健全化に向けた取り組みなど2期8年の福田市政への評価が主な争点となった。

 当選確実の一報が入ると、福田氏は支援者らに深々と頭を下げた。「コロナ禍で制限のある中、市民との対話と現場主義という政治信条を体現することが難しかった」と振り返り、「これまでの実績と今後の4年間の方向性に、市民から共感を得られたと思う」と手応えを口にした。

 3期目に向け、福田氏は「脱炭素社会や超少子高齢化の時代の中で、持続可能な都市であり続けるための挑戦を、市民とともに続けていく」と強調。二重行政を解消する「特別自治市」を目指し、40項目以上の選挙公約を実現させていく考えを示した。

 川村氏は財政黒字化などを掲げ、告示4日前に立候補を表明。準備不足としながらも、14万票超の獲得に「財政改革を強く訴え、無名だった私にこれだけの票を託していただけた。次の一歩につながる」と話した。

 前回に続き2度目の挑戦となった市古氏は、福田市政からの転換を訴えてきたが、及ばなかった。翌日、「市民が主人公となり市政を市民本位に変えていく運動は、新たに明確な指針を持つことができた」と語った。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

人権の大切さ訴え

オンブズパーソン

人権の大切さ訴え 教育

南河原中で「子ども教室」

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook